FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 

大峰山系 高塚山 (2013.12.7) 

20131207-0.jpg
大峰山系 高塚山ピークにて

【動画編】


奥駈道の稜線を容赦なく吹き付ける寒風にはまいった。
大峰にこんなところがあったのかという新鮮な驚きがあった。

【ルート】
行者環林道(R309)90番ポスト(7:45)-タイタン(8:40)-大峯奥駈道-一ノ垰-分岐-
-(昼休憩)-高塚山-(バリエーションルート)-ナメゴ林道-行者環トンネル東口-90番ポスト

※撮影滞留時間や休憩時間を含む

午前7時40分過ぎ、
行者還トンネル東口から下ること90番ポスト前を起点に準備をしてスタート。
まずは鉄階段を登り、落葉して明るい自然林の尾根を登っていく。
なかなか目を楽しませてくれる植生である。
ちゃんと階段まで作られている部分もあった。
そしてところどころに巨木。
大峰山系に巨木があるイメージが無かったので少々驚きである。
登り切ったところが廃林道で、いきなりあの有名なタイタンが居た。
他のブログですでに報告されているとおり、倒木で残念な姿になっていた。
昨年の夏に清明の尾を底から登ったときはタイタンに辿り着くまでかなり遠くて
途中で昼食を摂ったくらい遥か上であったが、今回はあっけなく到着した。
しばらく快適な廃林道を登るとすぐに終点となり、熊笹が美しい斜面になれば奥駈道はまもなくだ。
奥駈道のある稜線に出ると、西側から吹き上がってくる風は強く冷たい。
たちまちほっぺたが凍るかのようになって触っても感覚が無いくらいの冷たさ。
風というものはどんなときにおいても大敵である。
しばらくはそんな強風が吹き付ける奥駈道を弥山のほうに向かって歩く。
行者環トンネル西口から上がってくる合流ポイントを通過して一ノ垰(たわ)に到着。
壊れた避難小屋前は行所となっているようで錫杖や木札があった。
少し進むと行者環トンネル東口から登ってくるルートと合流。
そこから徐々に弥山のほうへと方角を変えてゆき、
登り始めたところにある分岐から破線ルートである今回の高塚山方向へと進入。
少し登ってから下りに転じると風が当たらない側となって快適になる。
目指す高塚山ピークは奥駈道よりも低い位置にあるのだ。
スタートしてから2時間足らずであったが、朝食を摂ってから6時間も経過していたので
フラットな場所を見つけて昼食タイムとした。
日清チリトマトヌードルに煮玉子乗せは最近のお気に入りである。
静かで広いその場所は、動物や人が来ればすぐに気付けるほど見通せた。
ラジオや音楽などを鳴らすことなく静けさを楽しんでいると前方に何やら黒っこい動きがあった。
すかさずカメラのスイッチを入れて警戒体制に着く。
もしや熊か?と思ったが単独の鹿だった。
目が合うと鹿はしばらく固まり、やがて甲高い声を出して逃げて行った。
今日はゆるゆるラクラクの山歩きじゃないかと思っていたのでずいぶん長く休憩してしまった。
再び歩き出すも大きなアップダウンも無くカラダは一向に温まってこない。
それにしても大峰とは思えない開放感のあるごきげんな稜線歩きである。
そんなこんなで何の苦労もなく「高塚山」に到着。
高塚山の山頂は単なる通過点のようなピークであった。
さて、そこからは来たルートをピストンする気にはなれなかったので
バリエーションで林道のあるところまで下山することにした。
等高線が穏やかで比較的等間隔になっている尾根を見つけて下ってみた。
バリエーションでの下りが最後まで不安いっぱいで安心できないのは、
林道や道路などに着地する直前が崖やコンクリートで固められた壁になっていて詰んだらどうしよう
という点である。
今回は結果としてナメゴ林道へのソフトランディングを果たすことができ、
やれやれもう今日の山歩きは終わったという気になってお茶タイムを過ごすこと30分。
あとはだらだらとナメゴ林道を行者環トンネル東口目指して歩けばいいだけと思っていたら
このナメゴ林道がとんでもなく荒れていて極悪非道で本日最大のピンチとなった。
まずショックだったのは行者環トンネル東口がかなり上にある点である。
もっとじっくり等高線を眺めて予習しておけば良かったのだが、ほぼ横移動ちゃうかな程度の感覚でいた。
そして、そんなことよりもっと予想外だったのは、
緊張を強いられるほどのトラバース箇所の通過が本日最初で最後の最大の難所であった。
ズルっと滑ってしまうと50m以上は転落しそうな山抜け箇所を通過しなければならず
砂利の斜面であるからして、雪のトラバースよろしく尖らした手を手首まで砂利に突っ込むという
三点確保によって切り抜けた。
あ~、緊張した~。
もちろん勝算があったからであるが、もし五分五分の確率でヤバかったら登り返して高巻きしていた。
それにしてもなんにしてもこのナメゴ林道は想定以上に長い距離の登りであった。
ついに今日はカラダが温まらないまま終始した。
ソフトシェルはもちろんのこと、ビジュアル的にあまりよろしくない耳あてはずっと外せない寒さだった。
そんなことならニット帽でよかったな。

その他の写真は以下より。
[ 2013/12/08 23:11 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(20)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)