FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2013年09月 ] 

氷ノ山(ひょうのせん) (2013.9.28) 

20130928-27.jpg

20130928-1.jpg

【動画編】


いい意味で予想を裏切られ、期待以上に良かった!すぐまた行きたい!

【コース】
福定親水公園無料駐車場(8:10)-氷ノ山越(10:10)-氷ノ山山頂(11:40-13:30)-氷ノ山越(14:00)-
-大平頭避難小屋(14:45)-1019m鞍部(15:00)~小代越(15:40)-みやま荘(16:00)-駐車場(17:00)


氷ノ山というとスキー全盛期によく通った場所。
ハチ・ハチ北、スカイバレイ・・なつかしい。
車に乗れるだけ参加者を集めて割り勘。
深夜に出発して暗いうちに到着して朝まで仮眠してスキーするなんて一大イベントだった。
そんな場所で一日中歩き倒す山行きをする自分になる将来像なんて想像できなかったなぁ。
氷ノ山に登ったことがあるという人が身の回りでは多かったが微妙に遠征になるため、
そこまでコストかけて行くとこか?という迷いと葛藤があった。
行ってきたレポートを拝見しても、山頂にはあのサザエさんのエンディングに出てくるような
三角屋根の家というか小屋が景観を損ねてそうに思えて行ってみようというひと押しに欠けた。
しばらくは用事で山に行けなくなるかもしれないので、遠征したいけど日帰りでないと無理な今週末。
前日の金曜日には会社の飲み会だったので夜移動できないという制約の中で、
思いついたのが「氷ノ山」くらいしかなかった。
たぶんこれといって何も無い山だろうなぁ、けど基本的にてくてく歩けたらいいし、
微妙な遠さが転地効果を生んで、遠くへ来たという開放感に少しでも浸れたらいいな
という思いで行ってみたらこれが予想越えてかなり良かったという次第。

あまり下調べをしていなかった。
前夜まで大峰の気になる未踏箇所にして節約するか、やっぱりちょっと遠征するか迷っていたからだ。
氷ノ山はどうやら周回できるらしいことと、福定親水公園が起点であること、駐車料金は無料、
コースタイムが6時間程度という情報だけを持って現地へ。
新しい高速道路(無料区間)などができていて、思っていたより短絡化ができるルートを
いちばん信頼をおいているスマホのナビアプリが案内してくれたので早く安く到着できた。
結果的に自宅から往復370kmもあったが、高速料金は1700円(片道)程度だった。
朝8時前、福定親水公園無料駐車場に着くとすでに15台くらいは止まっていて
空きスペースが数台程度だった。(第二駐車場は空)
綺麗なトイレが設置されていたり、今まさに出発しようという団体が居たりと
けっこう人気の山なんだということを思い知らされた。
氷ノ山は初めてなので、最初は山ガールのツアーに着いて行く感じでのスタート。
氷ノ山越を経由して山頂に行くという反時計回りの周回をしてみることにしたが・・・。

寝不足も手伝ってなかなか調子が出ないままのスタートは、
少しばかりキャンプ場の中を歩いたかと思うと沢を渡渉するなり、いきなりの急登の延々つづら折れ。
展望は無いわ、見どころは無いわで息絶え絶えのゼーゼーハーハーで休み休み登る。
山ガールのツアーは何かの観察をしながらの様子で、やたらと遅かったのではじめのうちに抜いてしまった。
けっこういいペースなのかな?と思いきや、次から次へと登ってくる単独の男性ばかり数人に抜かれた。
ハンカチで汗を拭くほどでは無いにせよ暑い。(ってどんなんや)
それにしても驚いたのはほぼ自然林の山だということ。
地蔵堂の前に少し植林のスギがあったくらいであとはすべて自然林。
そのスギも植林のそこらの低山のそれとは違って太くて背が高い。
これら自然林が紅葉したり落葉するとまた違った楽しみがあるよなぁ、と思った。
水場は沢山あるが、水を汲めるというほどのものではなかった。(^^ゞ
氷ノ山越という避難小屋のある分岐に到着したときにはひと山を登り切ったくらいのボリューム。
ツアーの団体さんが大勢休憩していたが、ちょうど出発するところだったみたいですぐに誰も居なくなった。
この人たち全員でひとつの団体?と驚くほどぴーちくぱーちく賑やかで人数が多かった。
驚いたことに、すぐにこの団体に追いついてしまって人数多いから抜かすの大変だなぁと思っていたら、
その後、山頂に着くまで決して追いつくことが無かった。 どんなけ速いね~ん。(≧∇≦)
こっちがどんだけ遅いね~ん?(^^ゞ
自然を奏でながら撮影もやりもってなのでやっぱ遅かったんだろうなぁ。
その後も単独登山者は多く、抜かされてばっかり。
そして登山者のほとんどは熊鈴を鳴らしている。
このへんの山域ともなるとクマ出没が多いみたいである。
実際に熊の糞をよく見かけた。まぁそれよりヘビの多いこと。。
氷ノ山越からの稜線に出てからは横移動で楽ちんかとおもいきや、アップダウン、アップ、アップとハンパがない。
途中、ブナの原生林地帯があるなど、こんなに自然豊かな山だとは意外であった。
コシキ岩という大きく盛り上がった岩山に登ってみたかったが、登りはあいかわらず調子が出ないままであり、
けっこう腹も減っていたので泣く泣くスルー。
ガレ場みたいなところがあって転倒しないように注意する必要のあるゾーンが長かった。
土は粘土質で、しばらく雨が降っていないにもかかわらずヌメっとした感じで滑りやすそう。
山頂の避難小屋が近づいてくると整備された丸太階段になり、ゆるやかな傾斜を登り切って山頂到着。
山頂は大勢の登山者で賑わっていた。
想像していたよりも避難小屋の前は広くてフラットだった。少し下ったところに綺麗なトイレもある。
到着したときにはかなり人が多く、お昼を摂るための隅っこに空きが無かったので
少し山頂周辺をうろついて戻ってきたら場所が空いていたので陣取ってお昼を摂った。
山頂は風が絶えず吹いていてけっこう寒い。長時間休憩ではフリース防寒があっても良いくらい。
ザ・チェアにみを預けているとあいかわらず快適過ぎて、ゆっくり食事を摂った後もお茶したり
ボケ~と人間ウォッチングして過ごし気付いたら2時間も根を生やしてしまった。
というのも、下山ルートは東尾根を下りるという定番小周回で15時下山完了予定に思っていたので余裕をかましていた。
ところが、登って来る時に振り返ると鉢伏山(ハチ北)のほうの展望があまりにも美しく、
要するにスキーのゲレンデが大きな芝生広場のように見えたので、どうしても行ってみたいという思いが断ち切れず、
山と高原地図をじっくりにらめっこしてコースタイムを計算して日没までにと考えているうちに行くしかない!と思い立った。
行かないつもりだったので13時30分まで休憩してしまったが、行くなら13時までには山頂を発ちたかった。
お昼を食べてすっかり元気になって調子が出てきたのでハイペースでコースタイムを半分に詰めることにした。
登ってきたルートを氷ノ山越までは逆戻りなので重複するゆえ、撮影の必要もないので予定どおり30分で到着。
ここからは再び未踏となるも、登りがそれなりにあったり、滑りそうなところがあったりと定番周回ルートに比べると難あり。
天狗岩という絶壁があったりとこれまた予想外。
途中、ホードー杉への分岐があってかなり気になったが片道500mなので時間が惜しいので断念。
ホードー杉って何なんだろう。。。帰ったらネットで調べよう。。(調べてみたら、ぜひ行くべきだった)
そんなこんなで「1019m鞍部」の手前で目の前がパーっと視界が開けたところは一面の黄金に輝くススキ!
圧巻すぎて、おもわず「スゲー!」と声が漏れた。
岩湧山、いや、曽爾高原の比じゃないスケールにただただ目を奪われた。
ここに来るまでの苦労や試練が一気に吹き飛んで、
「来て良かった~」「倍返しや~」「100倍返しだなぁこれは~」・・・ぶつぶつとひとりごと。それくらい良かった。
ようはスキーゲレンデなんだけど、WindowsXPの壁紙の風景みたいなところもあったり、
山麓は牧歌的な雰囲気を醸しだしていて最高。これまた来年、いや、今シーズン晩秋にまた来たい!と思ったほど。
ハチ北の麓のヒュッテや民宿など、シーズンオフの様子とスキーに良く通ったときの記憶の場所が一致した。
遠くの高原に来たという気分も最高潮でゴキゲンだ。
さて、ここからが今回の核心。
まさかのルートファインディングが必要だった。
GPSやスマホの山と高原地図などを駆使して最短ルートで駐車場に戻るルート探しがけっこう難解で楽しかった。
結果としてたっぷりすぎるくらい歩くことになったが、充実感がそれらの疲れを大きく上回った。
下山完了(福定親水公園無料駐車場到着)は17時ちょうど。
帰りは天女の湯に入って疲れを汗をさっぱりと流して帰国の途へ。

その他の写真は以下より。
[ 2013/09/30 21:55 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)