FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

台高山系 三津河落山(さんづこうちやま) (2013.9.14) 

20130914-0.jpg
三津河落山にて

【動画編】


今日も雨だった。。
連休はまさかの台風が迫ってきている。
週末になると雨模様という周期はどうにかならないのだろうか。
晴れの日は今日しかないってことで遠征か!とおもいきや、
いろいろ地域活動等があってダメなので近場の低山を楽しむことにした。
天気は良さそうだけど台風の影響で低山暑そう。今日は遠くには行けない。時間制限つき。
そこで思いついたのが大台ケ原。
スタート地点がすでに標高1,600mを超えるので多少は涼しいはず!
実際にはガスガスのスタートで雨が降ったり止んだりで寒かった。。(> <)
素直に六甲山や金剛山に行っておけば良かったか?!
寒ぅ~って思いながら帰ってきたら下界は真夏だった。(≧∇≦)

午前8時に駐車場をスタートし、まずは百名山の日出ヶ岳を目指す。
前から気になっていた三津河落山が今日の核心部である。
ビジターセンターによると、いちおう立ち入りはできるだけご遠慮いただきたいが、
踏み跡をなるべく増やさないようにすでにある踏跡を辿って植生保護に務めてくださいとのこと。
ここなら楽に散歩(登山にならないはず)できるかと思いきや実際にはそうでもなかった。
というのも日出ヶ岳から巴岳経由のバリエーションルートだったので
小雨降る中、踏跡の不鮮明なところを濡れた熊笹が容赦なく足を濡らし、
ボロ雑巾みたいになりながらだったからかもしれない。
大台ケ原ドライブウェイに近接する川上辻まであと少しってところがおどろおどろしい感じ。
動物の骨があったり。。
川上辻周辺では膝を越えそうな熊笹で踏跡を追うにも歩きにくい。
川上辻から少し行くと二手に分岐する。
一方は筏場道であるが崩落箇所が多く危険だとか。
筏場道の途中から三津河落山への尾根を歩くのが良さそう。
名古屋岳まではスムーズに行けるが、そこからは一旦落ち込むのでどこからどう降りようかと迷い
ちょっと遠回りをして反時計回りに巻いてしまったが、
帰りに逆コースを辿ると何ということなく踏み跡があって簡単だった。
コルまで下りるとまた雰囲気の良い熊笹ステージがあり、そしてまた登り返し。
如来月ピークへ近づくとまさかの岩ゾーンになっていた。
三津河落山まで近いはずなのにそこからしばらくは展望が開けなかった。
三津河落山が近づくと急に吹っ切れて視界が開けるもガスガスで真っ白。。残念。
こんな視界では先へ行く意味が無くなったのでここで終了とした。
また晴れた日にリベンジを誓って。
三津河落山の近くでお昼を食べていると2組くらいの登山者と出会った。
そのうちの単独の男性からは次にここを歩くときのルートのヒントを得ることができた。
来たルートを折り返して歩いていると、往路では気付かなかった踏み跡やルートがあったり。。
下山予定時刻きっかりの13時に駐車場に着いたとたんに雨は本格化した。
駐車場は満杯になっていたけど、みなさんどちらに行かれてるんだろうか?
丸一日を山の中で過ごす山歩きに比べるとぜんぜん歩いた感、疲労感が残らなかったので
ぜんぜん運動にはなってなかったようだ。
大阪から比較的近くて自然林たっぷりで保護された山域である大台ケ原は
その他の低山とは異なった良さがある。
また来よう。

その他の写真は以下より。 ★今回より画像サイズを大きくしてみました。

[ 2013/09/15 17:08 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(10)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)