FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2013年08月 ] 

金剛山 第319回 (2013.8.24) 

20130824-7.jpg
金剛山頂にて

雨の後、夜の金剛山は涼しく、ひっそり静まり返っていた。

【ルート】
登り:黒栂谷ルート
下山:千早本道


このところ雨を忘れてしまったかのような残暑ひじょうに厳しい晴天つづきであった。
雨は嫌いであるが、さすがにそろそろ降ってくれてもいいんじゃないか?と思っていたら、
なんでまた週末に降るの?!
しかしながら、久しぶりの恵みの雨は野山田畑に潤いをもたらしたことだろう。
雨の合間をぬって金剛山を登ってきた。

林道が作られてから歩いていなかった黒栂谷ルートから。
なんのことはない、カトラ谷と分かれた林道はすぐに終点になる。
終点手前から取り付きがあっておなじみの階段が始まる。
林道終点まで詰めてみたところ、踏み跡らしきものが黒栂尾根のほうに続いていた。
ブッシュが多く、足元が濡れるので一旦戻って黒栂谷ルートから。
登りだし17時前で小雨がパラつくような曇天なので薄暗い。
湿度が高くてじと~っと汗のかくスタートであったが、
それでもセトがすぐそばに迫ってくると風が通って一気に涼しくなる。
セトから先、山頂までもだいたい涼しかった。
山頂18時過ぎの気温は19℃でかなり涼しい。
しばらく休憩しながら写真でも撮ってうろちょろ。
日没が早くなって19時ともなると真っ暗に近い。
ずいぶんのんびりしたところで千早本道からのんびり下山。
ヘッデン無しでがんばっていたが、ヘッデンがあるほうが早く下りれるので途中から使用。
五合目にて、来週紹介予定のグッズの撮影をしていたら
最終便の捺印所の方が下りてこられて
「これから登るの?下りるの?」と尋ねられた。
「下山中です」と答えると何も言わずに下りて行かれた。
七曲りまで下りてきたところで、何やら地面が光っているのを発見。
それもこっちでもあっちでもである。
まさかホタルではないだろうとヘッデンの光を当ててよく確認してみたら
何かの幼虫のようなもののオシリが光っている。
以前も夏場の夜の金剛山を歩いているときに見つけたことがある。
忘れないうちにと、帰ってからすぐに調べてみたら、
「オバボタル」の幼虫だそうな。
成虫は光らないらしい。
勉強になった。
そんなこんなで今週末の山歩きはあっさりと終了。
山頂は涼しかったなぁ。

その他の写真は以下より。

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)