FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない、その時々のナニカを発見し、記憶の定着のためにもカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2013年08月 ] 

金剛山 第317回 (2013.8.4) 

20130804-1.jpg
青崩道(下山中)にて  ※撮った写真はこれ一枚だけでしかもピンぼけで絞り開放しすぎ

大暑お見舞い申し上げます

【ルート】
登り:太尾西尾根ルート
下山:青崩道


この週末、そして来週末と地域活動で一日がかりの山行きは無理だったりするので
スキマ時間を見つけて金剛山へ。
昨日の土曜日もナイトハイクしたかったけど開放されたのが18時なのでアウト。
そんな事情は置いておいてと、
今日の金剛山も暑かった~って、聞き飽きたよね。(^^ゞ

近場の低山、金剛山だからって気が緩んでないか?
登りだしてすぐに汗が吹き出してきて止まらない。
サウナでもこんなに汗をかかないぞと思いながら汗を拭おうとポケットに手を入れると
「におわないタオルハンカチ」が無い!
いつものザックじゃないので、
予備のモンベル「マイクロタオル」も無い!
予備の予備の日本手ぬぐいもバンダナも無い!
この時期に最悪・・・オワッタ・・・遭難、いや、撤退も視野に。。
しかも、太尾西尾~太尾東尾根合流までの間はまったくの無風。
まだ標高が低いのでとめどなく汗が出てきてメガネも汗で・・・前が見えない。。
メガネはメガネ拭きじゃないと・・・ってそれも無い!
結局、汗拭きに何が良いかって「日本手ぬぐい」が濡れて洗ってもすぐに乾いて肌触りが良くてベスト。
さすが日本の伝統品。
それなのについコンパクトなポケットタオルハンカチで済ませてしまう自分。

この時期は熱中症対策としてポカリは必須装備。
これを最初からチビチビ飲んでいけば水だけに比べて飲む量が少なくて済む。
しかし今日は金剛山だからってこれも持ってきてなくて、
せめてもの救いは氷水を入れてきたポットだけだった。
そんなこんなで、太尾東尾根に合流すると南側から風が吹き抜けていて急に涼しくなった。
冬場はこのルートは以外と寒さ厳しかったのを思い出した。
前方を単独のおばさんが行くも、なかなか距離を縮められない。
心拍数が上がり過ぎないようにペースを調整しながら太尾東尾根の急登を行く。
最短で10mくらいに迫るところまで追い詰めたが、
その後、引き離されて最後まで追いつけないまま見失った。(≧∇≦)
汗との格闘であるが、メガネも帽子も取っては指ワイパーで汗を拭い、
時にはアタマを振り回して汗を飛ばす。
アタマの上から誰かがチョロチョロと水を垂らしてるんじゃないかと思ったくらい。
そうこうしているうちにこんどはズボン(パンツというほうが一般的)がズレてきた。
セールで買った最新のパンツはベルトがオプションである。
これまでの山行きで三回履いて、ベルトをしたのは最初の一回だけで
あの長時間に及んだ弥山川ルートのときも忘れてしまい、
撮影時のセルフビレイ用にと持っていったシュリンゲとカラビナを通して代用した。
汗でふやけてくるとワカメみたいに伸びてベルトがないとずれ落ちるのだ。
今回は代用するものもなく、一時はザックの腰ベルトを通したりもしていたがしっくりこず。
そんなかんやでもうワヤクチャの山行きとなった。
それでもなんとか外見上は身だしなみ爽やかに装うことができたかな?

撮影無しで歩きに専念した場合のこの時期の今日の参考コースタイムは以下のとおり。

石筆橋(9:00)-太尾東尾根合流(9:30)-太尾塞(9:55)-大日岳(10:15)-山頂(10:18)
山頂(10:20)-青崩トイレ前(11:20)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)