FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2013年06月 ] 

台高山系 尾鷲道 堂倉山・コブシ嶺 (2013.6.1) 

20130601-27.jpg
雷峠にて ※クリックで拡大可
手前が竜口尾根、その後ろが大峰山脈

【動画編】


終始、明るく開放的で気分爽快な山歩きが楽しめる。
しかしながら山と高原地図では上級者向けとなっているほどの迷える森。


【コース】 (ピストン)
 大台ケ原ビジターセンター-尾鷲辻-堂倉山-(尾鷲道)-雷峠-コブシ嶺(お昼:一時間半)


整備された大台ケ原遊歩道から尾鷲道へと一歩踏み入れるとそこは自然林の宝庫。
光あふれる明るい雰囲気で、早く抜けたくなるような暗く鬱蒼としたところがほぼ無い。
こんな良いところがあるなんて知らなかった。
しかし、当然こっちだろうと思った方向がまったく間違っていることに気づくことが多々あった。
往路では堂倉山からコースに復帰するときと、雷峠の手前である。
自分と同じ目的地だった二人組のベテラン男性とスタート時に一緒だったが
男性たちはペースが早くて早々に見失ってしまい、
次に出会ったのはコブシ嶺を離れて帰る途中にやっと到着されてこられたので驚いた。
やはり堂倉山で迷って地池高まで行ってしまったそうで結果的に20kmも歩いたとか。
自分は不覚にも復路でも白サコ付近で迷ってしまいリカバリに時間を要するなど
今回はかなりGPSのお世話になった。
8時前のスタートで15時には十分戻ってこれるだろうと余裕をかましていたら
実際には帰りはハイペースで歩いてたっぷり3時間かかって
16時半にビジターセンターに帰着したという次第。
今日はこの後に予定があったので帰着のタイムリミットは16時だったので
尾鷲辻までやっとの思いで戻ってきて遊歩道を大急ぎで歩いたがタイムオーバーとなった。
ただ単純に尾根をひたすら歩くだけの超カンタンそうなルートに見えて、
ひとたびコースを見失うとなかなか復帰するのがたいへんであるなど
ルートファインディングという楽しみ方もできる決して平和ボケなルートではない。
横移動中心でほとんどアップダウン無しのゆるゆる山歩きを想像していると大間違い。
けっこうたっぷり歩いた感があってなかなかの疲労度だった。
このコースの目玉は何といってもコブシ嶺の展望に尽きる。
雷峠でも十分すぎる展望だったので、コブシ嶺まで行く理由があるのか?と思ったが、
コブシ嶺の展望はもっとすごかった。
眼前に迫る急峻な岩の竜口尾根の向こうには大峰山脈のほぼ全部が見渡せる。
それこそ山上ヶ岳から大普賢岳、行者還岳に弥山、八経ヶ岳、明星・・仏生、孔雀、釈迦ヶ岳
大日岳に南奥駈道の山々までほぼ全部入り。
さらに真後ろを振り返ると熊野灘がすぐそばに。
ここまで凄いところだったとは下調べ段階でいろんなブログを見てもピンと来なかった。
結果的に大満足な山歩きとなった。

※コブシ嶺→マブシ嶺が正しいという説もある

その他の写真は以下より。 (写真では表現不可能でまったく伝えきれていない)
[ 2013/06/02 17:56 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(14)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)