FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2011年10月 ] 

北アルプス 涸沢 (2011.10.15-16)  

20111015-0.jpg
北アルプス 涸沢のテン場にて

一日目、悪天候に見舞われて北穂高登頂を断念。
そして、今年のラスト・アルプスが終わった。


<ルート>
一日目:上高地バスターミナル(9:25)-明神館-徳沢-横尾-本谷橋-涸沢(16:30)(テン泊)
二日目:折り返しピストン

10月中旬というとほとんどの山小屋が山じまいする時期である。
今月に入って何かと行事が多く、いちばんイイ時期に遠征ができなかった。
この週末でアルプスはほぼラスト・チャンス。
前夜からの雨で、まず一日目の天気は絶望的であったが、
とにかく遠征をしないことには気持ちが収まらず、撤退覚悟でいざ上高地へ。
大阪から東海北陸道の飛騨清見IC下車、
高山清見道路(無料高速)と下道のトータルで5時間程度と、こんなに近いと思わなかった。
平湯のアカンダナ駐車場(一日500円)に着いたのは3時半で駐車場は閉まっている。
料金ゲートの待ち行列(といっても数台)に並んでエンジン切って一時間半ほど仮眠。
外は雨のせいか気温は高く、よく眠れた。
ゲートオープンの合図の車がクラクションを断続的に鳴らしながらやってきたので目が覚めた。
今日のアカンダナ駐車場の車は少なめで、バス停にもっとも近いところに駐車する。
上高地まではマイカー規制なので、バス(片道千円)で行くわけだが、
始発のバス(5時半)の発車時刻になったものの、外は本降りの雨。
さすがに出ていく気になれず、周りの駐車車両からも動き無し、再び仮眠へ。
外が明るくなってきたところで朝食を摂って、雨がほぼ止んできたので準備をしてバスへ。
高原のバスは紅葉とマッチしていて、遠くの山に来たといううれしさがこみ上げてくる。
8時半出発のバスは雨天のせいか、ガラガラの状態で発車。
上高地バスターミナルには9時に到着。 気温10℃。
雨は小降りなのでレインウェア上下を着て9時25分にスタート。
ここで初めて今日、まともにザックを背負ったわけであるが、
あまりの重さにふつうに歩くだけで肩にも腰にもずっしり重要がかかってよろけそう。
これまででいちばん重く感じる。いや、いちばん重いだろう。
いままでの遠征では58リットルのザック。
今回、新たに80リットルのザックを安かったので衝動買いしてしまった。
たくさん入るものだから、ついついいろんな快適グッズを詰め込みすぎた。(> <)
それに、ザック自体が重い。
58リットルザックが約1.2kgなのに対して、
今回の80リットルはなんと2.9kgもあって空荷でも重い。(> <)
水、食料、等々入れる前に計測したところですでに15kgはあったので、
最低でも23kgはあったと思う。軽量化はこれからの最重要課題。
ザックが大きくてもMAX15kg程度に収まるようになんとかしないと。。
そんなこんなでほぼ水平移動なのに「河童橋」から「明神館」まで一時間、
明神館から「徳沢」まで一時間、そして登山口のある「横尾」まで一時間と
合計3時間でけっこう肩や腰のベルトの当たる部分が痛くなって辛くなった。
上高地は、雨にしっとり人も少なく、涸沢までの長い道のりを思うと
足取りもつい早くなって、河童橋を渡ることはおろか、明神池を見に行くこともなく
無駄な寄り道や休憩をやめて、ひたすら距離を縮めるのに集中。
「徳沢」に着いたのはほぼコースタイム通り2時間後の11時30分の事である。
気温11℃。徳沢園のみちくさ食堂でソフトクリームを買う。
これがなんとも美味すぎて帰りにもまた買ってしまった。
15分休憩し、「横尾」に向けて再びスタート。
雨はほぼ止んだので横尾を出て一時間ほどしてレインウェアを脱ぐ。
途中、野生の猿の集団、親子が微笑ましかったので立ち止まって見入る。
「横尾」に着いたのは12時55分で、休憩時間を除いてコースタイムよりやや遅れた。
ここでは30分ほどの大休憩。 結局、お昼らしいものは食べずに行動食でまかなった。
天気イマイチであるし、荷物重いしで、横尾でテン泊したい思いもありつつ
若干の余力と涸沢をひと目見たいという気持ちでがんばって登ることにした。
横尾から涸沢までコースタイムで3時間となっており、
そのため、横尾の吊り橋のところに「午後2時以降の入山は控えてください」とあった。
13時30分、涸沢に向けて横尾を出発。
とにかく荷物の重量がかなりの足かせとなってきつかった。
本谷橋を過ぎてからが高度をどんどん上げていくので、ちょっと登っては息継ぎ休憩
の繰り返しで、ウィダーインゼリーのエネルギーインでアミノ酸の投入。
30分くらしてから効き始め、もーやけくそのようにペースを上げる。
それでもすっかりボロボロ雑巾になって、なんとかコースタイムどおり3時間で
涸沢ヒュッテに到着。16時27分の事であった。
しばらく休憩してテン場に行き、よさそうな所を探す。
先週の連休の涸沢のテン場は、なんと!1000張りものテントで埋め尽くされていたらしいが、
今回は天気が悪いので、パッと見で30張り程度。
テントを張る準備をしていたら雨が降りだしてきたので慌てて建てる。
テン場はほぼフラットながらも岩ガレの上である。
水ハケの良い点だけが唯一の救いなので、泥んこにならずに済む。テント内に避難。
重たい食材をいろいろ持ってきたが、とてもこの状況で調理ができる状態ではない。
もうこのまま何も食べずに寝ようかとも思ったが、ちょっと涸沢ヒュッテまで行ってみようと
思い立って、雨の中をレインウェアを着て行ってみると、
涸沢ヒュッテ内は活気に溢れ暖かく、スタッフも愛想が良く、ここで夕食(2千円)を食べることにした。
食堂も良いムードで、天国(ヒュッテ)と地獄(テン場)を見た気がした。
こんなに快適そうなヒュッテ泊ならば、ぜんぜん荷物もいらないし、余力たっぷりで北穂だの奥穂だの
どこでも登れるような気がした。これは反則でしょ?!
さて、洗面、歯磨きなどを済ませてテン場に戻ると、雨、そして風、寒さも出てきた。
でかいザックはじゃまなので大きなビニール袋をかぶせてテントの外に放置して、
濡れては困る必要なものはすべてテント内に入れてとなぜか疲れもなく
スマホをいじくっていろいろ調べ物をしてと、20時には眠っていた。
ものすごい雨の音とうなるような風で目が覚めたのは1時頃。
まさに台風のような嵐。涸沢カールからの涸沢おろしの突風がテントを吹き飛ばさんばかり。
テント内から自分を追い出さそうとしているとしか思えないほどの暴れっぷり。
それからは寝たり起きたりの繰り返して、ようやく静かになったところでスヤスヤ。
目覚ましなんて合わせるつもりもなかったので、明るくなってようやくテントから這い出してみたら、
夕べの嵐は何は夢だったのか?と思えるほどの抜群の好天。
これならいざ北穂!と一瞬思ったけど、時すでに8時でタイムアウト。
嵐がおさまったのは7時前なので、どのみち4~5時スタートしないと北穂は厳しいので
無理なのは確定していた。
コースタイムで5時間かけて上高地バスターミナルなるに帰らなければならないので
涸沢でゆっくり過ごすことにした。といってもそんなに時間は無い。
夕べ作る予定だった鍋モノは横尾に下山してからすることにして、朝食のホットドッグ作りをする。
涸沢ヒュッテでは小屋じまいなのかスタッフたちが記念写真を撮り合っている。
いよいよ涸沢も冬に閉ざされるシーズンオフの時となる。
ほぼすべて濡れてしまった身の回りを整理して、あとはテントを畳めば良い状態になったのが9時半。
ザックをテント内にデポして、涸沢小屋を見学に行き、戻ってきてテント撤収後、
下山開始したのは時すでに10時30分の事であった。
抜群の天気の下、日曜日だというのに登ってくる登山者多数とすれ違い、
ほぼコースタイム通り所要時間2時間の12時40分に横尾に到着。
涸沢~横尾間、下りのみだというのにやっぱり荷物の重量が足かせになってきつかった。。
横尾ではいよいよ夕べやる予定だった鍋物。ザ・チェアにカラダを預けてもう超ゴキゲン。
そんなこんなで一時間過ごして15分かけて撤収し、上高地に向けて移動開始。
ベルトの当たるところがもう痛くて痛くて泣きたくなる。
徳沢に着くと迷わずあのソフトクリーム(400円)。やっぱりこれは本当に美味い!
昨日とはうってかわって日差しの下をせっせと足を運びながら紅葉を楽しむ。
ついに上高地バスターミナルに到着したのは16時45分。
バスを待って平湯、アカンダナ駐車場に着いたのは17時半ですぐに暗闇となった。
平湯まで移動して「ひらゆの森」の温泉に行ってみるとものすごい数の車。
う~~ん、いこかやめよか迷ったが、とにかく行ってみたらこれまた巨大な温泉で、
泉質も乳白色で素晴らしく良く、露天風呂の数は100を越えるとか?!
すっかり疲れを落として生き返ったところで帰国の途へ。
これにて今シーズンのアルプス遠征が終わった。

その他の画像は以下より。
[ 2011/10/17 22:35 ] アルプス | TB(0) |   コメント(20)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)