FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2011年03月 ] 

好日山荘とは。 

好日山荘(こうじつさんそう)とは、言わずと知れた山グッズの専門店であるが、
無知で世間知らずなおぼこい自分は、数年前までその存在を知らなかった。
まず、コレを何と読むのか知らなかった。
中国語?ニイハオサンスー?みたいに思っていたのが、
今やモンベルグッズ以外の山グッズの購入には欠かせない店となった。
ロッジや石井スポーツは昔から知っていたのにおかしなものだ。

山グッズは会社帰りに買うことが多い。
難波には満足な山グッズショップが無い。
そのため、わざわざ難波から反対方向の梅田まで地下鉄に乗って、
買うとも限らないモノを物色するために通った回数は数えきれない。
そんな好日山荘がついに!大阪ミナミは難波に出店することになったようだ。
と言ってもまだオープンしてません。
アルバイト求人情報(←これって新規オープンな情報が最も早い)で見つけただけなので真偽は不明。

それによると、どうやら4月15日(金)にオープンするらしい。
新店舗オープンセール(4/15~5/31) もあるようだ。

好日山荘 なんば店
大阪市中央区難波千日前12-35 スイングヨシモトビル3F(NGKの前、ジュンク堂書店の横)
営業時間: 11:00~20:30
クライミングジム併設で、※クライミングジムは22:00まで営業


(キミの名は)好日山荘 山歩きを愛した蘇峰の文から
2011/02/05 朝日新聞 朝刊 2ページより引用

 全国で39店を展開する登山・スキー用品の専門店。
 起源は、税関に勤める傍ら登山に関する数多くの著作もあった西岡一雄が、
1924(大正13)年、大阪・堂島で創業した日本初の山とスキーの運動具店。
かんじき、長杖に代わって登山靴やピッケル、アイゼンなどの装備が海外から持ち込まれた
日本の近代登山の黎明(れいめい)期で、独自に改良を加えた用具を商った。
 店の名前は「好日山荘」。
「日々是好日の観念を有する主人には、その門戸を叩(たた)く悪日も、
握手をすれば乍(たちま)ち好日となり……」という徳富蘇峰の一文に由来する。
 蘇峰は明治時代、好んで山野を歩き回ったという。
「山やスキーを愛する人々が行き交い憩う店になれば」との西岡の思いが込められている。
 4年後、のれん分けのようにして「神戸好日山荘」が誕生。
経営者は、もともと神戸で登山とスキーの店を営み、社会人登山グループを主宰していた島田真之介だった。
 新田次郎の小説「孤高の人」の主人公として知られる登山家、加藤文太郎も、しばしばこの店を訪れた。
 現在の好日山荘は、神戸の店の流れをくむ。
「山ガール」と呼ばれる若い女性の登山ブームを受け、出店を拡大している。
[ 2011/03/23 21:11 ] その他 | TB(0) |   コメント(30)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)