FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2011年03月 ] 

龍門山脈 龍門山 (2011.3.6)  

20110306-10.jpg
龍門山 明神岩にて ※左から、ぱろやんさん、キバラー、arajinさん

『今日の龍門山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分33秒)


登り:田代登山口→ちりなし池→田代峠→磁石岩→龍門山山頂
下山:龍門山山頂→明神岩・風穴→(登り返し)→勝神ルート→ハングライダー場→(登り返し)
   →バリエーション→中央登山口→田代登山口


「山と高原地図」がカバーしていない領域。
和歌山県紀の川市にある龍門山脈の主峰で、紀州富士とも呼ばれている龍門山。
なんとなく前から気になっていた山だ。
聞くところによるとオール自然林で、目を楽しませるポイントが随所にあって
なかなかユニークな山だという。
標高は755.9mの低山で、登山口は標高200mと高く、実質500m程度しか登らない。
それゆえに軽く登ってさっさと下山して金剛山とのW登山の予定をしていたが。。

国道371号線を河内長野から南下し、紀見トンネルを抜けて橋本へ。
山麓沿いの橋本道路を利用して高野口の終点を降りて国道24号線を跨いで
県道13号線でJR粉川駅の最寄にある「龍門橋」へ。
龍門橋を道なりに南下して、車が一台やっと通れる農道を走って高度を上げて行く。
要所要所に、「龍門山(車両)」はこっちという案内板に従って行き着いた先に
「田代登山口」があった。
そのまま道なりに行くと中央登山口まで行けるが、
5台ほど駐車できる駐車場が空っぽだったので、そこに止めて
田代登山口から登り、中央登山口に下山することにした。

今日はarajinさん、そしてブログ「ぱろやんの金剛登山」のぱろやんさんとで3人。
9時20分、登山開始。
田代登山口はすでに山の中腹にあるため、いきなりの登り。
なるほど自然林の中を行くのでこれまでの低山とは雰囲気が違う。
岩山の上に土がのっかっているのか、所々岩がむき出しになっており、
ともすればかけた足が滑ることも。
途中、「ちりなし池」の案内があったのでルートを50mほど外れて見に行く。
池の水こそ季節柄?枯れていたが、どこか大峰山系の深い原生林の森にいるような場所だった。
再びルートに復帰し、登りを再開。
春を思わせる日差しは強く、4月上旬か?と思うほど暑い。
暑さでちょっとバテぎみになりながらも10時20分に「田代峠」に到着。
ちりなし池に寄り道したもののここまで1時間もかかった。
あとは横移動の稜線歩きなので楽ちんだ。
「龍門山まで30分」と書かれてあった。
逆方向は「飯盛山」まで1時間30分とあった。
稜線は日当たりが良く、山登りというよりハイキングかピクニックのような陽気な気分になる。
目に付く自然林の樹木は松が多い。
ほどなく県指定天然記念物である「磁石岩」に到着。
さっそくコンパスを使って試してみる。
岩そのものがS極とN極の磁力を帯びているようで、
針が真逆の方向を指す。
今回のいちばんのお目当てだったので、しばらく時間を忘れていろいろ試す。
磁石岩から10mほど離れたところにあった岩も同様に針が狂った。
GPSなどの電子コンパスも地磁気を利用しているので方向表示は狂うが
現在地や軌跡が乱れるということはない。
磁石岩からわりとすぐに「龍門山」山頂に到着した。

時間にして11時になっていたのでお昼にする。
山頂からは紀の川流域を望む絶景を見渡せたが、一部のポイントからであって、
藪があるため、弁当を広げて座った状態では景色が見えないのが残念だ。
肝心の山頂表示版は工事中のために名無しとなっていたのでこれまた残念。
何の苦労も無くあっけなく山頂に着いてしまったので、
お昼を食べながら次に向かう金剛山のルートの話。
山麓線にまわって奈良側の未踏ルートを登ろうとか言いたい放題。
最悪でも大阪側のババ谷ルートかなぁ、などと言っていたら、
金剛山へ行くことすら実現できない結果となるとはこの時は予想すらしていなかった。
お昼を済ますと、あっさり登山も終わったことだし、とっとと下りようと歩き始める。
すぐに分岐がありどっちに行こうか迷う。
左へ行くと勝神(かすかみ)下山ルートで、右は何も書いていない。
下に置いてある中央登山口を示す看板はどちらを向いているのか判別できない。
等高線地図の登山道らしき破線を見ると、どちらからでも行けそうだ。
近道にあたる右の何も書いていないほうへとどんどん進む。
途中、見晴らしの良いポイントが2箇所あった。
10分ほど下山した頃、「明神岩・風穴(50m)」と書かれてある看板があったので
そちらに立ち寄ってみると、これまでで最も展望の良い巨大な岩の上に出た。
これは今日いちばんのスポットだったかもしれない。
「ここで弁当を食べたら良かった・・」と一同つぶやく。
クライミングのフックが岩面にたくさん取り付けられてある。
風穴がまたスゴイ。地面にポッカリと縦に開いた穴はかなりの深さ。
かれこれ20分くらい居たかなぁ。
そういえばパラグライダー場みたいなところがあると聞いたがそれらしきところを見なかった事に気付く。
ちょうど人が来たのでぱろやんさんに聞いてもらったところ、
どうやら山頂近くの分岐を勝神下山ルートのほうに行かなければならないようだ。
せっかくなので、金剛山の奈良側はあきらめて、パラグライダー場を見に行くことにした。
10分、いや15分ほどかけて来た道を登り返す。
ようやく分岐まで登りついて、勝神下山ルートから下りる。
TMEで印刷してきた等高線地図(国土地理院うぉっち図)によると
勝神下山ルートの途中からトラバースして、さきほどの下山ルートに出れるような線があるが、
実際にはそれらしい踏み跡すら無かった。
分岐からかなり下ったところでついにパラグライダー場ならぬ、ハングライダー場に出た。
なかなかの展望で、今日いちばんの展望はここかもしれないと思った。
ハングライダーと言えば、ジグソーが歌う昔のカンフー映画「スカイハイ」を思い出した。
もっと高所感があると思ったらぜんぜんで、明神岩の上ほうがはるかにコワい。
飛び立ったハングライダーは紀の川河川敷に着陸するのかとおもいきや、
もっと遠くへ行ってしまって肉眼ではどこに着陸したのか確認できなかった。
しばらくそれらを見学した後、そのまま勝神ルートを下山する案も出たが、
もう一度登り返したほうが時間的に早そうなのでそうすることに。
地図には破線があるが、実際には踏み跡すらないバリエーションルートでトラバース。
最初はスムーズだったが、GPSであと50mほどで登山道というところで
藪だらけになって、そこをクリアするのが大変だった。
ようやく登山道に合流し、中央登山口に向かって歩いている途中で雨になった。
中央登山口からは舗装された農道を歩いて無事、田代登山口の駐車場に戻ってきた。
下山完了は14時35分。
小雨程度でありながらもこの時間である。この時点で金剛山プラン自体が霞んできた。
紀見トンネルを抜けて大阪側に帰ってきた時には16時近くになり、
16時登山開始で17時山頂、下山完了が18時という最終プランも脳裏をかすめたが、
その時間すら間に合わない事や、雨が完全には上がらないというコンディションである。
潔く中止に決定。
龍門山の後半戦が思いもよらぬ展開となって堪能できたので今日もお腹いっぱいとなった。

その他の画像は以下より。
[ 2011/03/06 21:50 ] その他の山 | TB(1) |   コメント(18)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)