FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

『金剛山 ワンデルングガイド(I)』 根来春樹著 岳洋社 

20110304-1.jpg

昭和59年10月9日発行の金剛山ハイキングのガイドブックで、
現在ではすでに絶版となってしまっている本を入手した。
パートIとなっていることから、パートIIも存在したのだろうか。
図書館を探せば見つかるかもしれない。

 「ワンデルング」=自由に野山を歩きまわること。

パラパラとめくっただけでも200ページにも及ぶ。
そこには、自分の知っているすべてのルートはもちろんのこと、
ありとあらゆるルートが紹介されていて驚く。
昭和59年というと西暦1984年なので27年前の書籍だ。
自分がまだ10代の頃に、金剛山がこうも歩き尽くされていたとは。
冬の耐寒遠足で金剛山に登っていた頃になる。
その頃と比べると今では登山道は最適化され、整理されてしまって
主要な登山道を残してマイナーな登山道は廃道化しつつ感じ。
当時のレジャーと言えば今ほどの選択肢が溢れておらず、
登山に傾倒する人口が今のこのブームよりも遥かに盛んだったのだろう。

そんな中から、先日歩いた「泣石谷道ルート」の頁を拾ってみたい。
20110304-5.jpg
※画像をクリックすると拡大できます。

「泣石谷道ルート」をひと言で表現すると「考える道」であると言えるとある。
なるほど確かに先週末の下山での利用において、地図+GPS+コンパスを
総動員しなければ迷いそうなポイントが少なくとも2箇所はあった。
なるほど読図を楽しめる数少ないルートの一つだろう。
そういえばあの謎の石柱については触れられていないなぁ。
ちなみに未踏の小峠谷ルートの頁を見てみると
「え!小峠谷にそんなものがあるの?ほんまですか?」と気になる特徴を発見。
近いうちに確かめに行ってみたい。

今後も機会あるごとにこのガイドブックからの情報を併せて紹介していきたい。

その他の魅力ある目次は以下より。
[ 2011/03/04 21:57 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(14)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)