FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2009年09月 ] 

金剛山 第157回  (2009.9.26) 

20090926-3.jpg
難所の絶壁

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分3秒)


二週間ぶりの金剛山は「丸滝谷ルート」にて。
金剛山で最大級の危険ルートと聞いていたので
緊張と期待の入り交じった気持ちでのスタート。

水越川公共駐車場を起点に下ったのち、
橋を渡ってしばらく進むと「太尾西尾根ルート」の入り口を発見。
さらに舗装路を計30分ほど行くと、通称「鉄板」と言われている
鉄板そのものの橋で、早くも滑りそうになる。
しばらくは「もみじ谷ルート」になんとなく似てる雰囲気。
さっそくの分岐。
石ブテ東谷ルートのほうを見ると、垂直の滝にトラロープが垂れている。
沢登り派の方は滝を登られるのだろう。
石橋を叩いて渡るような安全を考えると、左にある巻き道を行くのが良さそう。
右側を見ると「中尾の背ルート」とある。
ここから3つのルートに分岐するわけだ。
今日は最初から丸滝谷ルートを行くことにしていたので分岐はスルーして
次回の楽しみに取っておくことにした。

妙見谷ルートと違って沢の中は幅広で歩きやすく、とても快適に進める。
滑りそうなヌルヌルした岩もあるが、特に難所らしきところは無いなぁと思いながら、
まるでハードル走のように、無数にある小さな滝?段差?を越えて行く。

登っているのか、水平移動しているのかわからないまま進んだ突き当たりには
とんでもない絶壁が立ちはだかっていた。
これが最初で最後の最大の難所だったわけで、よじ登ろうと思えば可能そうだったが、
ここでも石橋を叩いて渡るように、最大限に安全に配慮して、
3,4本に束ねられたトラロープに頼って、少し脇から登った。
それでも足場が悪く、トラロープがなければ絶壁側同様に大変危険なことだろう。
トラロープを設置してくださった奈良の爺々さまに感謝して登る。

その後は急に沢が無くなり、V字状にルートを正確に進む。
登り切ったところに垂直の滝のところで見た「中尾の背ルート」が合流してきた。
さらに登り切ると、前に3方向でどちらに行こうかと迷ったあげく、
六道ノ辻から見て左の「石ブテ尾根ルート」のほうへ行ったわけだが、
今日はその分岐の真ん中に出てきた。そして右も真ん中とイコールだということが判明。
あとは六道の辻へ出て、大日岳を経由して山頂へ。
山頂気温は17℃。

捺印が済んだらそのまま香楠荘へ直行。
途中、いつも拝見させていただいているブログの方と久しぶりに再会し、
しばらく立ち話をした。
香楠荘ではいつものメニューを食べたのち、ダイトレルートへ向かって下山。
パノラマ台の眺めは最高。
金剛の水はいつも冷たくておいしい。

丸滝谷ルートはとても気に入ってしまった。

その他の画像は以下より。
[ 2009/09/26 22:59 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(15)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)