思い立ったが吉日、その時々で思いついた山へ!出たとこまかせのオンエアー

ヤマケイ新書 『登山者のための法律入門』 溝手康史 著 

20180222-1.jpg
ヤマケイ新書 「登山者のための法律入門 山の法的トラブルを回避する」

山登りを続けていると、ふと、いろんな疑問が湧いてくることがある。

落石で他人に怪我をさせたら?
   → 傷害保険・山岳保険で補償できるのでは?

山で焚き火をしてもいいの?
   → 直火はアカンでしょ?山火事に注意して、来たときよりも美しくすればOK?

など、ただ漠然と、常識的にふつうはこうだろ、という自己認識ではたして正しいのか?
ふつうはって、ふつうって何?ふつうの上は?下は?
冗談抜きで、本当のところはどうなのか?

20180222-2.jpg

その他にも、たとえば・・

 山は誰のもの?
 登山道は誰のもの?勝手に整備していいの?
 登山道以外の場所をどこでも歩いていいの?
 登山届の提出について
 戌年だけに?最近多い、犬連れ登山について
 登山道でのマウンテンバイクやモトクロスバイクってどうなの?
 登山道に勝手に標識やテープ・リボンを設置していいの?

などの疑問に対する考え方をはじめ、憲法の観点や法律の適用問題から、各種規制、
そして最後は登山におけるリスクについてまで本書で解説されている。

誰に聞いたら知っているのか? そしてそれは正しいのか?
という疑問に答える一冊となるのではないだろうか。

一節を引用
 「コースタイム通り登らないと人並み以下に感じる人がいるようです。・・・略・・・
 コースタイム通り登ることができない人は登るべきではない、などと難しいことを言う
 登山家がいますが、私は、コースタイムの二倍の時間がかかっても、事故さえ起きなければ
 何も問題ないと思います。問題は、その登山者がどこを登るかという点です。
 高山の稜線では「登山のスピード=安全性」であり、迅速に行動できない登山者はリスクが
 高くなります。しかし、低山の樹林帯などでは、コースタイム三時間のコースを
 六時間で歩いても何も問題はありません。・・・・」

20180222-3.jpg
Check [ 2018/02/22 20:35 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(2)

昭文社 『山と高原地図』2018年版 

20180131-1.jpg

新仕様に、全面改訂に、そしてまさかの新刊!

熊野古道、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ヤマコー(山と高原地図)が、本気を出してきたぞー!(≧∇≦)
一年が早いなぁ~、もう2018年版リリースの時期になったのか。
毎年毎年、要らんなぁと思いつつも、よく行く山域は毎年買ってたりする。(^^ゞ
今度の2018年版の山と高原地図はわりと大きな変革がありそうだ。

全ラインアップの半数以上が新しい仕様の地図になり、
コンパスを使った地図読みに便利な「磁北線」が全商品に対応。
全面改訂が8点。
その内、4~5点くらいが関西から最大一泊で行ける山だ。
見慣れぬ山(金剛堂山、比婆山)も追加され、
前から行きたかった三瓶山(さんべさん)にも対応。
そして!
新たなる新刊が「51.高野山・熊野古道・伯母子岳」だ!
熊野古道歩きブームをプチ・リードしてるだけにこれは嬉しい。

20180131-2.jpg

そんなこんなで、遠出意欲が減退気味だった気持ちに
新たなる新風が吹いて、やる気モリモリ湧いてきた気分になったぞ。

今シーズンは新たに追加された山で盛り上がるかも!

Check [ 2018/01/31 20:13 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(4)

ワークマン 『イージス 2.5レイヤージャケット』 

WORKMAN-3.jpg
ワークマン 「イージス 2.5レイヤージャケット 3,900円(税込)

前回記事のおニューのアウター、どこの何なのかわかりましたぁ?!
って、今まさにこの記事が読まれている時点ですでに答えがバレてるね。(^^ゞ

先日の葛城山頂での寒さと風ではいつものソフトシェルを使用するところであったが、
ベタ惚れのモンベル トレールアクションパーカー(2着目の予備も所有)の上に、
ワークマンのレインウェアの重ね着でも保温と防風対策は十分であった。
他の雪山じゃ通用しないので、もうひと越え防寒しないとダメだけど
今回は着た感じ(Lサイズ)の撮影とレイヤリングのテストだったので。

インバウンドにより街では外国人を見かける機会が多くなったが、
だいたいのみなさんは自国ブランドのウェアをお召になっている気がする。
欧米人でもだいたいそう。
それなのに日本人ときたら、自国ブランドよりも海外ブランド好きな傾向がある。
山ウェアだと、パタゴニアに始まってマムートやアークテリクス、ホグロフスなど。
デザインよりブランドで選んでるでしょ?みたいなモノトーンのウェアとか
ブランドラベルが目立つところに貼り付いてなかったら、
それ絶対買ってないよね?って思うようなただの真っ黒のフリースとか。
現地、本国で売られているものはメインドインU.S.Aなのに、
日本で売られているのはライセンス販売だけのメインドインチャイナだったりする。
そうは言っても、素材や質感、軽さや柔らかさ、機能と融合したデザインなど、
モンベルにはまだまだ叶わないほどさすが!と思うものも確かにある。
それをセールで安く買えたりしたらうれしかったりする。
外国人から見ると、なんで日本人なのにモンベルやファイントラックなど
自国ブランドのものをもっと積極的に着たり大切にしないのか?とか、
なんでみなさん揃ってマムートなの?って思っているかも。
自分も少なからず持ってはいるけど、自分好みの色やフィット感があれば
特にブランドにはこだわりはない。
誰かとかぶるのがイヤとか言う人もいるけど、僕の場合、
同じウェアの人が居たらなんだか親近感を持つし、
同じ価値観の人が居てうれしいというチームウェア感覚なんだけどなぁ。
(ユニクロを除く)
モンベルで、このデザインで、この機能で、この値段なら納得という製品が
最近、徐々に増えつつあるのでモンベラー回帰現象が起こりつつある。
さすがに全身モンベルはなぁ。。って、結局どないやねんって?

モンベルのウェアは、ユニクロ的な安っぽい色合いのものがあるのも事実で、
モノは良いのに、微妙にその色じゃないんだよなぁと思うものもある。
価格の高いハイエンドモデルではちゃんと好みの色合いだったりするので、
色にも価格差があるんだろうなぁ。
色までかっこよくしてしまうと、海外ブランドが日本で商売しにくくなるから
紳士協定とかでわざと外してるの?とさえ思えるほど普及価格帯の商品の色が。。
とは言え、モンベルのスゴイところは、あんなにもバリエーションが多いのに
カタログで欲しいモノものを見つけて店頭に行けば、ほぼ確実に手に入る点や
ほぼ全ての商品の修理・交換ができるアフターサポートができるところだ。
たとえば、チェーンスパイクの片方のシリコンがちぎれたときたら、
店頭に持っていく手間を惜しまなければ、片方だけを半額で入手できたりする。
手袋を片方失くしたら・・・それはどうなんだろ。(^^ゞ
これは他のどのブランドでも及ばない優位点だろう。
で、そもそも何の話でしたっけ?

WORKMAN-1_20180111203306451.jpg
ワンサイズ小さかったかな?  手ぶくろ片方失くした。。

そう、ワークマンだ。

ワークマンの価格破壊力は、モンベルがいかにアフターサポートが完璧であっても
買い換えるほうが安いくらい。(≧∇≦)
それだけではない。
機能面はもちろん、デザイン面でもそこそこ許容できて、
最後に値段見てびっくらこく製品がすでにいろいろ出揃っていたという事実に
最近気づいたもんだからしてマイ・ブームになりつつある。

数あるワークマンのレインウェア・ラインナップの中でも、
まず目をつけたのが「イージス 2.5レイヤージャケット」である。

つねにザック内に常備しておいて、オールシーズンにおいて急な対応にも使用できる。
公表はされていないが、重量はスタッフバッグに入れて370gであった。
実は昨年、少しでも軽量化と高性能化とコスパを求めてアルプス対策にと
モンベルのトレントフライヤー ジャケットを財布に無理して買った。
海外ブランドに比べるとかなり安いが、おいそれと買える価格ではない21,000円+税だ。
せっかく買ったんだから着まくったらいいのに、貧乏性のなのか未だに新品のままで、
ここぞという時の出番待ちだ。(^^ゞ  (そのうち新型が出たりして)
近場の低山くらいで出動させてたらイザ本番というときに着古し感たっぷりになってたら惜しい。
メインが予備用に、予備用が普段使いのメインになるという逆転現象。(≧∇≦)なんなんや
そんなこんなで普段使いで細かいことを気にしなくてガシガシ使えるレインウェアとして
今回のこの製品にたどり着いたという次第である。(あ~、長い説明・・)

レインウェアに求める機能として、以下の点がクリアできていた。

 ・デザイン感・・・そこそこOK
 ・レインウェアとしての機能・・・完璧(防水・透湿)
 ・フィット感・・・良好(着ぶくれ、だぶだぶ感が少ない)
 ・パリパリ感・・・控えめ(3レイヤーのストームクルーザーより薄い感じ)
 ・軽量感・・・ありがちなダブルフラップではなく止水ジッパー採用で370g


これだけで十分で、その他の細かいことはこの価格では気にするほうがおかしいが
さらにうれしい誤算で以下の機能がもれなく付いてくる。

 ・脇ベンチレーション・・・ジッパーで開閉できる
 ・二重袖・・・雪や雨などを袖口から逆流させない
 ・マウスベンチレーション・・・そこまで求めてないのにありがとう


ちなみに、防水・透湿性能はというと、

耐水圧:15,000mm
(よくわからない数値だけど、雨の中をバイクで走っても大丈夫なレベルらしい)

透湿度:3,000g/㎡ 24h
(よくわからない数値だけど、たとえゴアテックスでも透湿性には期待してないし)

という感じで、カラーバリエーションなんか増えたりしたら売れまくることになりそ。
ワークマンというと、現場作業する男性的、野性的なブランドイメージであったが、
別のモデルではレディースモデルもラインナップされているのだ。
冬場は欠かせないモンベルのジオラインハーフジップ(長袖)に相当する
商品もワークマンではそっくり以上なのがあって、
静電気対策もされているという手の込みようだ。

隠れた国内ブランドのISUKAとか、ピノプランさんとか、
今がチャンスとニッチな商品開発でアッと言わせて欲しいなぁ。
廉価で軽い昼食用雪山避難テントとか、マジックワカンとか
求めるものがそこにあって価格に見合えばブランドにはこだわらない。

その他の細部の写真は以下より。
Check [ 2018/01/11 20:53 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(8)

モンベル 『コンパクト ヘッドランプ』 =New= 

20171228-2.jpg
Montbell 「コンパクト ヘッドランプ」

ついにサブヘッデンを新調した。

メインヘッデンを新調したという記事を最近書いたばかりだというのに、
それがきっかけで、予備用ヘッデン(以下、サブヘッデン)としている
モンベルのコンパクトヘッドランプに新型が出ていることを知り、 
またまた追加で買ってしまったという話の詳細を、よかったら読んで行かれます?(^^ゞ

モンベルのコンパクトヘッドランプは、単3形乾電池1本で使えるという点が
大いに評価できるヘッデンで、明るさはともかく、いつでもさっと取り出せて
早朝の暗い時間に出かける時や、暗くなってから帰ってきて荷物の積み下ろし時でも
予備ライトだけに気軽に多用できるのが気に入っている。
電球色のLEDがある点は唯一無二ではないだろうか。
コンパクトヘッドランプ、まだ新しいと思っていたけれど、
2011年12月に記事を書いてるから、ボケっとしてる間に6年も経過!
早く歳取りすぎてこわい~。(≧∇≦)
山登りって、山自体はほとんど変化しないのを良いことに、
自分が歳取っていってるということに気づきにくいよね??
よって「山」は浦島太郎物語で言うところの「玉手箱」ということにならないか?
「それはそもそもアンタがいつまでも同じウェアを着てるからじゃ」って?(^^ゞ
来年からレッドイエローにイメチェンしようかな。。

20171228-1.jpg

ところで、新型はどうせデザインがちょこっと変わった程度でしょ?
単3形電池一本じゃそんなにムリもできないやろし、改良は限界でしょ?
なんて思ってたら、スペック表を比較してみるとかなり改善されてる!
見えない部分も改良されていてうれしい悲鳴、じゃなくてうれしい誤算。

スペック表を見てみると・・

旧モデル
20171228-3.jpg

新モデル
20171228-4.jpg

電球色の明るさが5ルーメンと変わらないものの、白色LEDの明るさがアップ!
それなのに照射時間が劇的にアップとは、これ如何に?
これだけ旧モデルと違いがあれば買い替えたくなる~。

さぁ電池入れたよ、横に並べて比べるよ~。
せ~の~、うん、ゆ~、パチ!!
あれ?新型だけもう一回押さないと点かなかった。(後にそれは新たな仕様と判明)
あら?どっちが新しいほうだっけ??
たしかこっちだよなぁ?旧型よりだいぶ暗いんだけど?
そう、スペック表をあらためて見くらべてみると、
たしかに明るさや照射時間はアップしているが、照射距離が短いことを見落としてた。
つまり、新型は旧型に比べてかなり拡散光になったために照射距離が短いゆえに暗い。

5ルーメン電球色のほうでも照射面積は1.5倍ほど広くなり、
25→45ルーメンになった白色のほうでは照射面積は倍以上も拡大。
そもそもルーメン値というのは、高いほど明るいというものではなく光の総量なので、
スポット光でやたら明るくても、拡散させると暗くなるのは当然である。
したがって、新型は明るくなったというより性格が変わっただけという感触。(` ´)
そんなこんなで、数値詐欺にやられて落ち込みそうになったが、
さらに次の2点が改良されていたので許す。

 ・最初はダブルクリックしないと点灯しない。

ザックの中で誤動作しない安全機構になっていた。
どうりで一度押しただけでは点かなかったわけだ。
旧型では「いったいいつから点いてたんだ?」というアクシデントが
よく起きていたので、ここはうれしい誤算。

 ・電池蓋が落ちない

旧型は外れるので、落ちて転がって紛失しかねない仕様になっていたが、
新型は、リーシュでつながっているので脱落しない。
これによって、燃えないゴミになるリスクはかなり低減。

そうことで、お一つどうでしょう?
「こんなチマチマしたものを買って無駄遣いしてないで、
 冬山用のほれ、スノーシューとか未だに持ってないやつを買うのにちょっとは貯金したら?」
あんなコスパの悪いもん、誰か山登りを引退された人から戴けるのをもう何年も待ってますねん。(´ `)

遥かに照らせ」 by 眉村卓

今年の記事はこれでもう終わりになるか、もう一回くらい撮影できるかわからないけれど、
来年は今年よりももっと明るいニュースで照らしてくれることを願って。
良いお年をお迎えください。

20171228-5.jpg

ブラックダイヤモンド社 『ストーム』 (BD81089) 

20171207-5.jpg
Black Diamond 「STORM」 (2017年モデル)

ついにメインヘッデンを新調した。

誰ですか、最新型が出たらすぐに買い換える人でしょ?とか思ってる人は。
とんでもないです。
ひとたび気に入ると、壊れるまではとことん大事に使う人です。(` ´)キッパリ
とは言え、すでに持っているモノであっても、技術革新や最新機構によって進化していて、
買い換えるほうがずっと幸せになれるというような場合、
たとえまだ元が取れてなくてもあっさり買い換えることはある。
たとえばスノピのテーブル「オゼン」は、SOTOの「フィールドホッパー」に買い替え。
これによってかなりストレスフリーになり、買い替えた甲斐があった伝説のひとつになっている。
現在、「オゼン」は2穴パンチで穴を開けまくったような改良新型になっており、
穴を開けることで軽量化したモデルになっているが、脚の取り付けのめんどくさ感は同じっぽい。

さて、長く使い続けている山道具のひとつ、ヘッデンが10年目に向かっている。(^^ゞ
本体は故障知らずでバンドのゴムさえも劣化知らずで元気に伸縮してくれるので買い替える理由がない。
そもそもヘッデンなんてそうたびたび出番があるものじゃないので酷使していない。
つまり、壊れていなくても新しいのが欲しくなる道具の対象ではなかった。

ではなぜ買い換える気になったのか?

最近は下山時だけの日没などでスマホのライトや懐中電灯で済ますことも多かったが、
この間の寒波の明神平で、あと少しで駐車場なのに日没突入。
低温でスマホがシャットダウンしたので、モンベル「コンパクトヘッドランプ」を使ってた。
光量的には最大25ルーメンなのでサブヘッデン的な位置づけのものである。
これがサクッと付けれて軽くて手軽で、今年はアルプスなんかでも活躍し、
その便利さから、その後もやたらと多用する機会が多かった。

 ※現在「コンパクトヘッドランプ」は新型になっていて、単3形電池1本仕様はそのままで
  最大25ルーメンから45ルーメンに進化したのでこっちも更新したい!レンズ傷だらけなので。


これはいわゆるハチマキのように横だけバンドがある2本バンドのヘッデンで、
フィット感、安定感が快適で、ヘッデン便利やん!と思った、って今ごろですかぁ!?
これまでメインヘッデンだったブラックダイヤモンド「ジーニックスIQ」はあまり使ってなかった。
というのも、3本バンドと言われる縦にもバンドのある仕様だったのが大きな理由。
ガジェットにはガチっと頑丈なカタマリ感を求めたいのが男のロマンなのに、
ヘッデンときたらベルトがだらんとだらしない点が道具としての魅力に欠ける。(^^ゞ
おまけに、バッテリーケース部が後頭部側にあるために配線まで加わるので、
だららんとしたものがいっぱいで絡まることもあったりで最悪だった。
きちんと装着するには手間と時間がかかるためにマトモに装着したことがなく
温泉で濡れタオルを頭の上に置くような感覚でポン付けしていただけの9年間であった。(≧▽≦)
下を向きすぎるとドサっと落ちるゆえ、ヘッデンめんどくさい~キライ~って、ずいぶん幼稚でしょ。
このメインヘッデンとは出会ったときから相性が悪かったのかも。。

そんなこんなでコンパクトヘッドランプを多用してきたわりに明るさ不足を感じていた。
ヘッデンは明るければ良いというものではない!と一言で片付けるのは早計だ。
明るいか暗いかで精神的な安心感がずいぶんと違う。
夜の山の中は自分の手のひらすら見えない暗さなのだ。
個人的には、明るいほうが良いに決まってる!と思っているが、
それはT・P・Oに応じて明るさを調整できるという条件付きである。
LEDの一点集中光だけだと近くを照らすと眩しく、拡散しないのでまわりは真っ暗で様子が見えない。
ともすれば慣れた道でも分岐や並走路を見落としてしまうこともああった。
早朝の空が白んできている時間帯では、金剛山だとライトも点けずに歩いている人がいる。
眼が慣れてきている少々の明るさなのにやたら明るいライトを浴びせられたら眩しいやんけと怒られる。
拡散光、直射光が切り替えできてかつ、明るさが調光できるものが理想。

前置きが長くなったが、メインヘッデンを世代交代するのに必要な条件としては、

  ・2本バンドの製品であること
  ・USB充電式か乾電池なら偶数本(2本または4本)の仕様であること
  ・防水性があること(できれば防塵も)
  ・拡散光も可能であること(これ今や重要)
  ・軽いこと
  ・ヘッデンの歴史あるブランドであること


という小さな希望。
Check [ 2017/12/08 20:40 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
もし参加したら連続11回目
カウントダウンタイマー
第44回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにハマったのはたった数年だけ。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ