思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

東京新聞 『すぐそこにある遭難事故』 金 邦夫 著 

20180530-1.jpg
「すぐそこにある遭難事故  奥多摩山岳救助隊員からの警鐘」

道に迷ったら下るな、登り返せ!

このところ気になる遭難事故があちこちの山域で発生したのは
山登りをやっている人にはすでに周知のことだろう。
そしてこれがまたすぐに見つからない。
原因のほとんどが、道迷いか滑落だ。
知らない山で道に迷ったら下ってはいけない。
四方八方、無数に枝分かれしてどこに着地するかわからない。
それが深いゴルジュの谷とかだったりしたら探しにも行けない。
登り返して尾根にでも出れば、ほとんどの場合すぐに見つけられる。
滑落して意識があるけど動けない場合はどうすればよいか?
そんな場合は発煙筒(発炎筒ではない)など狼煙(のろし)を上げる
という方法が有効なのだが。。

東京から近い山というと高尾山くらいしか思いつかない。
そんなに深い山域なんて無いんじゃ?くらいに思っていた。
奥多摩って名称は聞いたことはあるけれど、
関西から遠いし、縁もゆかりも無さそうなので考えたこともない。
これまでいろんな遭難事例の本を読んできたが、
なぜ奥多摩という関西人からすれば一生行かないかもしれない山域の遭難事例の本を
買ってまで読もうと思ったのか?
きっとどこかのサイトに「あなた、こんな本を読みたいんじゃない?」
みたいにオススメとして表示されたかナニカかだろう。
いや、仮にそうだとしても、1,400円+税もする本を気軽にポチるわけがない。
こんな大金を使うのはもうちょっと慎重ですよ。(^^ゞ
表紙にナニカ不思議と惹きつけられるものがあったのかもしれない。
とにかくこの本を買うしかない!と思ったのは確かだ。

読み始めると、いままで読んだどんな遭難本よりも描写がリアルで
読みやすく、続けてどんどん読み進んでしまう。
それにしても山では予想外なことが起こるんだなぁと戒めになった。
慣れからくる油断にも気をつけないと行けない。
明日は我が身という思いしかない。
先日の千ヶ峰の山行の下山中、谷へ向かって急な下りのへつりトラバースで、
何でもない小さな石につまづいてしまった。
とっさにそばの立ち木を掴んで転倒を免れたがあわや滑落。
はたまたその前の山行では、
なにげに横を向いたとき、折れて尖った木の枝が顔のすぐ横に突き出ていたため、
頬をスライドしてゴリゴリっと擦ってしまった。
もう少しその枝が上だったら、メガネの横からスライドしてきて眼を突き刺していたかもだ。
腐った杉の木が突然倒れてくるかもしれない、上から枝が落ちてくるかもしれない、
その時にたまたま上を見上げてしまって・・
はたまた落石の直撃に遭うかもしれない。
映画「ファイナル・デスティネーション」シリーズみたいに本当にどこに罠があるかわからない。
登山中は本当に真剣勝負だ。
最後まで気を抜けないということを、このような本を時々読んでみては教訓としたい。
それにしても読み応えのある本で、そばに置いておきたい一冊となった。

さて、今晩も寝る前に続きを読もっと。
まだ全部読んでなかったんかい!って?(^^ゞ

20180530-2.jpg
Check [ 2018/05/30 21:34 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)

啓文社書房 『100回登っても飽きない金剛山』 藤原久敏著 

20180329-1.jpg
「100回登っても飽きない金剛山」 藤原久敏著

未来から来た本?!(発行日が)

いつだったか、3月吉日の出版当日に購入。
金剛登山180回の、40代前半の若き(僕よりも)著者が書かれた本。

金剛山常連としての視点から見ると、そうそう、そのとおり、
よぉわかってはるやん的なまとめ方で、あれを書かなあかんやろ
というようなツッコミどころはほとんどみつからず。
カトラ谷ルートに関しても、昨年の台風災禍後の内容になっている点など
情報も新しく、なかなか無難なまとめ方をされてるのは、
公式じゃないルートについては紹介されてない点からも見て取れる。

そんなわけで、アラ捜しをしても隙無し!と思える完成度の高さではあるが、
金剛山登山(※)みたいな題名を看板にしている当ブログの威信を賭けて
あえていくつか発見した。

 その1 115ページにまったく意味が異なる誤字を発見(≧∇≦)
 その2 時計台ポーズは流行りのものと少し異なる
 その3 本の発行日が未来


ほんと苦し紛れのツッコミどころである。(^^ゞ
発行日だって、本というのはそういうものかもしれないが、
そこをあえて鬼の首を取ったみたいに大騒ぎしてみた。(≧∇≦)
詳しくはお求めになって確認してみてください。
金剛山へ通い始めようと思ってる方に、
金剛山ってこんな山なんだよ、って説明したい事が
ほとんど全部書かれているバイブルとなる書。
熟練、常連者にとっては、日常すぎて
忘れかけてることを気づかせてくれる再確認の書となることだろう。
こんな庶民的な本がほしかったと思わせる内容となっている。

この著者の方、もしかしてご近所さんかもしれないなぁ。

本の出版のやり方を教えてもらって、
金剛山のルート1つで一冊の本になるようなシリーズ本を出したくなった。

※ブログ名の「金剛登山」というのは、金剛山登山に限定した意味あいではありません。

20180329-4.jpg
この記事を書いてるのが2018年3月29日である。
Check [ 2018/03/29 21:24 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(2)

山ステッカー(THE KONGOTOZAN) 

20180317-49.jpg
測量野帳に貼ってみた

ヤマレコヤマップという山登りに特化したレポートがアップできるSNSや、
写真投稿のインスタグラムの普及で、山で人を見たらヤマレコユーザーと思え!
って思っていたら、いつの間にやらヤマレコかヤマップかインスタかブログかわからんけど、
とにかく何かやってる人と思え!と範囲が拡大。
そのうちハンドル名と顔が覚えきれなくなることが懸念されるので
みなさんそれぞれ自分のオリジナルステッカーとか作って
名刺代わりに渡したりしてみませんか?!
きっと印象に残ることでしょう。
でもって、小心者のキバラーは自分から「これどうぞ」って言えないので、
アレくれ!とか、あれイイね!とか声かけていただいたらもれなく差し上げたいです。

そもそもの事の発端は、イエローパーティーのステッカーを貰ったことに起因する。
知らない人が見ると何なのかわからないけど、分かる人にはわかるモノ。
唯一無二のオリジナルなものだけに貰って困るものでもないだろう。
とにかく何かステッカー作りたいなぁとふと思ったものの
絵心も無いのでイラストの描けず、ロゴになってしまった次第。

アドプリントというというサイトがわかりやすかったので、
Illustratorでデータを作成し、そのままアップロードして入稿、
100枚と200枚は220円ほどしか変わらなかったので200枚も量産。
一週間もかからずに送られてきた。
ちなみに今回制作したのはこちらのページから、

 シール・ステッカー
   ↓
 シングルタイプシール
   ↓
 コート77kg(紙質と厚み)
   ↓
 一般接着ラミネートあり(表面に透明のラミネートコーティング)
   ↓
 直径55mmの円形


を指定し、その他のオプションは無しの完全データ入稿で、
200枚3,770円(税込)だった。(送料500円)
絵心はあるけどIllustratorなんか持ってないしデータなんか作れないよ、という場合、
PhotoshopMS-WordPowerPointのデータ、さらにはデータ作成代行注文も可能だ。

ちなみに・・・
現時点で差し上げられたのは3名ほどで、2枚づつ配ったのにまだあと190枚以上もある。
だれか貰って~。(≧▽≦)

20180316-7.jpg
ゴールドに輝くあれはいったい何?については以下にまだ続きがあります。

昭文社 『山と高原地図』 高野山・熊野古道・伯母子岳 (2018年新刊)  

20180315-1.jpg
iOS版 山と高原地図(高野山・熊野古道・伯母子岳) 500円

ついに本日発売になった新刊(新エリア)の山と高原地図。
ユポ紙バージョンも早く買いたいところであるが、まずはダウンロード版をさっそく購入!
なるほどそうなってたのかって、これまで満足な資料も探さないまま
熊野本宮観光協会のサイトにあるPDFマップと看板だけを頼りに歩いてきたので、
あらためて地図を見てみるとさすがはヤマコー!わかりやすい!と感激ひとしお。
高野山エリアに至っても、これまで歩けると知らなかったところが次々と明らかに。

地図は、
 ・高野山・熊野古道
 ・高野山詳細図
 ・熊野三山
 ・八郎峠

というパートに分かれている。

こんな便利なものが無くても世界遺産だけに欧米外国人がとても多い古道歩き。
距離感やコースタイム、公共交通機関との時刻合わせなど
用意周到な計画性が要求されるので、ダイトレを歩くのとは訳が違う。
途中でコースからエスケープできても、バスが無いというトラップ付き。
そんな難解さからの解放に、山と高原地図が一躍を担ってくれる心強いツールになるだろう。
これからはこれまで以上に熊野古道を目指す日本人も増えそうだ。
楽しみが増えたね。(≧∇≦)

20180315-2.jpg
さっそくダウンロード

20180315-3.jpg
さっそく先日歩いたGARMIN GPSログを表示させてみた。
あれぇ?コースタイムを足すと4時間45分になるけど、
先日は大休憩45分と撮影もろもろで7時間もかかっとるやないか。。(` ´)
Check [ 2018/03/15 22:46 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(7)

ヤマケイ新書 『登山者のための法律入門』 溝手康史 著 

20180222-1.jpg
ヤマケイ新書 「登山者のための法律入門 山の法的トラブルを回避する」

山登りを続けていると、ふと、いろんな疑問が湧いてくることがある。

落石で他人に怪我をさせたら?
   → 傷害保険・山岳保険で補償できるのでは?

山で焚き火をしてもいいの?
   → 直火はアカンでしょ?山火事に注意して、来たときよりも美しくすればOK?

など、ただ漠然と、常識的にふつうはこうだろ、という自己認識ではたして正しいのか?
ふつうはって、ふつうって何?ふつうの上は?下は?
冗談抜きで、本当のところはどうなのか?

20180222-2.jpg

その他にも、たとえば・・

 山は誰のもの?
 登山道は誰のもの?勝手に整備していいの?
 登山道以外の場所をどこでも歩いていいの?
 登山届の提出について
 戌年だけに?最近多い、犬連れ登山について
 登山道でのマウンテンバイクやモトクロスバイクってどうなの?
 登山道に勝手に標識やテープ・リボンを設置していいの?

などの疑問に対する考え方をはじめ、憲法の観点や法律の適用問題から、各種規制、
そして最後は登山におけるリスクについてまで本書で解説されている。

誰に聞いたら知っているのか? そしてそれは正しいのか?
という疑問に答える一冊となるのではないだろうか。

一節を引用
 「コースタイム通り登らないと人並み以下に感じる人がいるようです。・・・略・・・
 コースタイム通り登ることができない人は登るべきではない、などと難しいことを言う
 登山家がいますが、私は、コースタイムの二倍の時間がかかっても、事故さえ起きなければ
 何も問題ないと思います。問題は、その登山者がどこを登るかという点です。
 高山の稜線では「登山のスピード=安全性」であり、迅速に行動できない登山者はリスクが
 高くなります。しかし、低山の樹林帯などでは、コースタイム三時間のコースを
 六時間で歩いても何も問題はありません。・・・・」

20180222-3.jpg
Check [ 2018/02/22 20:35 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(2)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにハマったのはたった数年だけ。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ