思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

世界遺産 熊野古道(3) (発心門王子~小広峠) (2018.3.10)  

20180310-0.jpg
熊野本宮大社旧社地「大斎原」にて

【動画編】


逆順はちょこっとハードだった。。

前回終了地点の小広峠から熊野本宮大社までの予定であったが、
撮影しながらのペースと装備では歩き通すには厳しいと思った。
奇しくも、スタートの時点でバスに乗り遅れたことが結果的に正解となった。
もし小広峠から熊野本宮大社へ向けて歩いていたら、
時間的にも体力的も発心門王子あたりで限界だっただろう。
逆順になってしまったルートは、後半がハードになってしまった。

木曜日から金曜日にかけてしっかり降った雨上がりのコンディション。
別の山域を考えていたが直前で変更し、熊野古道の続きを歩くことにした。
そのため、予習もままならないまま現地へ移動。
すべての道は熊野本宮大社に通ず、なので
着いてからいくらでも作戦を変更できる自由度の高さがある。
本来ならば、バスで熊野本宮大社から前回終了地点の小広峠まで移動し、
前回の続きとして本宮大社に向けて歩く予定であったが、
だいたい5時くらいに家を出るつもりが5時半くらいになってしまった。
熊野本宮大社に到着すると、いつのまにやら広くて美しいバスロータリーが
できていて、そこに無料の駐車場まで併設されていた。
ほんまにここに止めて出かけてええの?と思いつつバスの時刻を確認に行く。
ややこしい系統図の時刻表を見ると、小広峠行きバスはあと1分で来るようだ。
まだ靴すら履き替えてないのに間に合わない。。
その8:10発のバスを見送ったら、こんど来るのは12時40分だ。(^^ゞ
この時点でプランBを発動。
今度は8時35分に発心門王子行きのバスが来るので準備して飛び乗った。
前回の続きは諦めて、発心門王子から熊野本宮大社までを歩こうと思ったが
コースタイムがおよそ2時間くらいなので短すぎる。
発心門王子でバスを降車した外国人1名を含む数名は本宮大社へ向けて消えて行った。
いきなり発心門王子のスタンプをゲット。

逆順にはなるが、発心門王子から前回終了地点の小広峠までなら
5時間くらいのコースタイムで歩けそうだ。
休憩を一時間半(撮影立ち止まり時間含む)としても、小広峠から乗る
帰りの熊野本宮大社行きバスの16:16まで30分くらいゆとりができるはず。

スタートしていきなり下りとなり、林道に着地。
少し林道を歩いたと思ったら、林道をそれ、落ちるとヤバイ沢沿いをへつって
まずは「猪鼻王子跡」でスタンプ2つめ。
しばらく植林帯を歩いて登るとまたまた林道に合流。
左手に堰堤をいくつも見送りながら快適な幅広林道を延々と詰める。
ずっとフラットで、登りらしい登りが無く楽すぎると思ったのは最初だけであった。
林道を詰め終わってからは植林帯の登りとなり、今回のコースの中間地点である
三越峠(みこしとうげ)にようやく到着すると、トイレ付きの休憩所があったので
そこでは簡単な昼食大休憩とした。
それでも45分くらいは滞在したかな。
三越峠から舗装林道歩きかと思いきや、すぐにまた植林帯へ。
欧米外国人たくさんとすれ違う。
その後もパラパラと、やはりみなさん僕とは逆方向へ向かっている。
前回の集落歩きと違い、今回のルートはバス道からかなり離れている山間部ゆえに
途中のエスケープができないのでがんばって歩くしかない。
蛇形地蔵でスタンプを終えて少し戻って古道を忠実に行くと迂回路との分岐点に到着。
地図上で迂回路の表示があったが、何年も前のことなので通れるかと思いきや
やはり迂回路を歩くしかなかった。
迂回路は未舗装幅広林道を最後まで?と思いながら、これなら歩きやすいので
距離をかせげると進むも、やがて大きな山越えが2つも待ち構えていた。
こんなことだと正順で歩いたほうが後が楽だったことだろう。。
もしかしたら正順なら熊野本宮大社まで歩き通せたかもしれないな。
熊野本宮大社あたりをうろちょろする時間も欲しいし、
到着してもすべての店が閉まっていては寂しすぎるから遅くとも16時には着きたい。
14時台のバスに乗れたらと思ったがぜんぜんムリだった。
いやほんと、最後はへろへろになってバス停に到着したのはバスが来る10分前だった。
今回はこれまで以上にいろんな方との出合い、会話する機会があった。
中でも印象的だったのは、小広峠から発心門王子目指して歩いてきた
総勢20名くらいの団体さんは、やたらテンションが高かった。
接触悪いねんこれ、と言いながら電源の入らない無線機を意味もなく持ってるリーダー。
小広峠からここ(蛇形地蔵付近)まで2時間もかかってもうたわって、
そんなペースじゃ発心門王子に到着するのは夕方遅くなるんじゃ?と心配になる。
え?ここからまだ2時間もかかるの?僕だと一時間くらいでしょ?って思ってたら
本当に2時間ちょいかかってしまったし。
ちょっと聞いてぇ。わたし、どこそこの国でスリに遭ったの!
でも財布と思って盗っていったけど、あれは財布じゃなくて化粧ポーチだったの!あはは。
え?熊野古道で初めて会った人なのにその話、いったいそれがどういう関係があるの?
って思うと一緒になって笑うしかなかった。(≧∇≦)
そんなかんやでいろんな出会いがあるのが熊野古道の魅力のひとつだろう。
最初の段階でバスに間に合ってたなら、この団体さんがゴールでチャーターしてるバスに
あわよくば同乗させてもらえたかもしれなかったなぁ。。(^^ゞ
しかしまぁこの後、花粉症大爆発で帰りがたいへんつらかった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2018/03/13 23:10 ] 熊野古道 | TB(0) |   コメント(6)

世界遺産 熊野古道(2) (牛馬童子~秀衡桜) (2018.1.20) 

20180120-43.jpg
熊野古道 乙女の寝顔が見れるスポットにて

【動画編】

※使用している楽曲の関係でPCでは広告が入ります

悠久の歴史に思いを馳せて、再び。

歩いたコースマップ<牛馬童子~秀衡桜(小広峠)>
https://www.wakayama-kanko.or.jp/worldheritage/recommendedroutes/nakahechi/takijiri.html

前回、熊野古道とは何ぞや?とロクな知識も無いまま行った結果、
外国人のほうが熱心であることに気付かされたり、
ハンコを押すことだけが目的で、暑さに参って歩くだけで精一杯だったりだった。
帰ってきてブログを書くための復習をしていると徐々にその歴史の深さを知ることとなった。
またどういう縁なのか、本屋で熊野古道特集ムック本に出会ったりもしたもんだから
ますます興味を持つこととなって、またすぐに行くだろうと思っていたが、
季節や天候、他の涼しい山へ行く機会に恵まれたことなどから疎遠になっていた。
そのうちすっかり熱も覚め・・・。
雪も無い冬のこの時期に、ふと思い出したようにまた歩いてきたという次第。

前回はヤマレコ高橋さんが歩かれたのを参考に後追いした形となったが、
寒い季節になったら続きをしたいと思っていたところ、
またまた高橋さんが先に歩かれたので追っかけることになった。(^^ゞ
前回のゴール地点「道の駅 熊野古道 中辺路」からスタートする続編となる。

往路は前回記事にコメントいただいた山友あーちんに教えもらったルート。
昨年4月に開通した和泉市と和歌山県かつらぎ町を結ぶ国道480号父鬼バイパス、鍋谷峠道路
にて大阪から和歌山まで山越えをして京奈和自動車道(無料)に乗り、
阪和道に乗り入れて有田ICで下車(普通車640円)。
県道22号、国道424号、県道198号、国道311号で快適に中辺路まで辿りつけた。
復路は、立ち寄った湯の峰温泉からだと最短な十津川を抜けて帰るルートにて。
カーブの多いルートは疲れるが、直線化するトンネル整備が来るたびに進んでおり
およそ二時間半で帰ってこれた。

スタンプ的にはスタートは「牛馬童子」からとなる。
今回のコースの大部分は舗装路でフラットな区間が多いので、
山歩きというよりやっつけ仕事的な消化試合となるかと思いきや、
来て歩いてみないとわからないもので、
どこか離島的雰囲気のある近露集落、不思議なほど澱みなく水が湧く「野中の清水」、
枝が一方向を向く「野中の一方杉」など目を楽しませてくれるスポットもある。
それでも真夏だと暑すぎてそんな思いに耽ってる精神的ゆとりは無かっただろう。
そんな中、大きさ的に目立たないながらも、今回の最大の核心となるのは
何といっても「牛馬童子像」だろう。
今から千四十年ほど前、花山天皇(かざんてんのう)の熊野巡礼を模して
明治24年ごろに作られた造られたと言われている、牛と馬に同時に跨った像。
道の駅にあったレプリカが大きかっただけに、どれくらいのものかと思いきや、
本物はわずか50cmほどの大きさであった。
地元住民によって大切に受け継ぎ守られてきた本物の牛馬童子像に会って感激ひとしお。
牛馬童子像は近年になって苦難の連続。
2008年6月、何者かによって牛馬童子の頭部を切り取られて持ち去られるという事件発生。
どこかに捨てられていないかと地元住民ら延べ約330人が大捜索するも見つからず。
彫刻家に頼んでレプリカを参考に同じ材質の石を使って復元された。
約2年後に市内バス停のベンチで発見されて本物と断定されたが、
すでに復元が完了していたものを再び取り替えるにはさらに壊れる恐れがあり
本物の頭部に戻すことは見送られた。
2013年2月には、復元された頭部が亀裂に染み込んだ水の凍結膨張により自然破損。
いよいよ像そのものをレプリカに置き換えることまで検討に入ったとか。

そんな牛馬童子をピークに下りとなってすぐに開けてきたかと思うと眼下に
近露集落が広がる。それらをちょうど見下ろせるビューポイントに東屋があった。
まだスタートしたばかりであって休憩するほどではなかったが、
せっかくなので道の駅で買っためはり寿司を一個だけほうばりながら眺めを楽しむ。
そうこうしていると何やら子どもの声が聞こえてきた。
近露集落から親御さんが連れて登ってきたんだと思ったら3人の童子だけだった。
「こんにちは」と言うと、愛想よく「こんにちは」と返してくる。
もっと警戒されるかと思ったらフレンドリーだった。
どうやってここまで来たのかと思ったら、麓まで自転車で乗り付けて
歩いて登ってきたらしい。遊び場所がいっぱいあってええなぁと。
さすが田舎の童子はワイルドで行動範囲が広い。
自撮り撮影している様子に興味深々の様子。
近露集落まで降りてくると、のどかでストレス知らずな田舎風景。
そこはあたかも瀬戸内の離島にでも迷い込んだかのように
ゆっくり時間が流れている感じであった。
童子たちは自転車に飛び乗ると、ひらひらと自由に舞って行った。
こんどは遠くに見える美術館の回りの広大なところを走り回ってるのが見えた。
平和すぎて川の畔で昼寝でもしたくなったなぁ。。

まだお昼には早すぎたが、せっかくなので、あーちんのオススメ、
近露集落外れにある「田舎ごはんとカフェ 朴」に行ってみた。
お昼には早いので天然酵母パンだけ買おうと思って尋ねてみたが、
たまたま今日は作ってないとのことなので諦めて店を後にした。
それにしてもポカポカ陽気で1月であることを忘れる暖かさだ。
歩くと汗ばむほどで、1月でこうなのに7月なんかによぉ歩いたなぁと思う。
古道歩きは冬季が閑散期なのか、今回のコース上で出会ったのはひと組のみ。
近露集落を出てからは実のところあまり記憶にない。
おそらく変化のない舗装路が延々と続いていたのだろう。
比曽原王子あたりでは半作嶺などの山並みの眺めの良いスポットがあった。
山を見上げている時点で、今日の自分は山登りじゃなくて、
ただのウォーキングをやってるだけという気分になって覚めそうになった。
そこからしばらく歩いて、下に並走する道まで下ったところに「野中の清水」。
実はここに来たのは初めてではない。
すぐ近くにある茅葺き屋根の「とがの木茶屋」や「野中の一方杉」も含めて
10年ほど前、よく買ってたバイク雑誌「ツーリングGoGo」で
武田哲さん地元在住の女性ライダーみどっちが紀州を走り回るレポーターで、
よく取り上げていたスポットだったのでバイクで何度か訪れたものだ。
雑誌でいつも見ていたあの二人にはついぞ出会えないまま、
バイクを降りてしまったというエピソードの地だ。

その、一方杉のある場所が「継桜王子」スタンプ場所だった。
そしてそこからすぐ近くに「秀衡桜」があった。
通常、ここで終わって野中一方杉バス停のある国道311号線まで
20分ほどかけて下ってバスに乗るというパターンが多いみたいだが、
バス停まで遠いので、それならそのまま古道歩きを続け、
小広峠バス停でバスに乗るほうが古道からバス停までが近いと判断。
そのまま延々ととりたてて何もない舗装路を歩いた。
今回のルートは、小広峠までの間であれば国道310号線にエスケープしやすいので
好きなところで打ち切ることができたが、
次回の熊瀬川王子からのルートは国道から遠く離れてしまう山の中なので
ほぼエスケープ不可なのではないかと思うので(知らんけど)、
気合い入れて歩かないといけないと思っている。
そしてそのまま熊野本宮大社まで歩ききれるのではないかなと。
そうなると夏場は避けたいところだ。
舗装路中心の区間であった今回だが、心に残るものはたくさんあった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2018/01/22 21:48 ] 熊野古道 | TB(0) |   コメント(8)

世界遺産 熊野古道(1) (滝尻王子~大坂本王子) (2017.7.16)  

20170716-0.jpg
熊野古道(中辺路)にて


※CC楽曲を使ったために広告が入ります(このブログでは一切収益化はしてません(ーー;)

とめどなく流れる汗
外国人にはパワーをもらった


歩いたコースマップ<滝尻王子~大坂本王子>

およそ千年の歴史がある熊野古道。
世界遺産となって、最近では海外からわざわざ訪れる人も絶えない。
すべての道は熊野に通ずと「蟻の熊野詣」と言われるほど参拝者が続いていたという。
単なるトレイル歩きではなく、そんな代々に及ぶ古人を遠く思いながら、
いまでは静寂となってしまった熊野古道のほんの一部を歩いてきた。

千メートル級の低山はどこに行ってもどうしようもなく暑い時期。
だったら登るのをやめて、やめたいときにすぐにエスケープできる
ゆるゆる水平移動がいいなぁ。
熊野古道なんかちょうどいいんじゃないかなぁ?
現実はそんなに甘くはなかった。
暑さも手伝って、けっこうハードだった。
あまり調べ過ぎて知りすぎると、現地での楽しさ半減するからって
今回はあまり調べなさすぎたかな。(^^ゞ
だいたい熊野古道ってどこが起点でどうやって行ったらよくて、
日帰りだとどれくらい歩けばいいのか、
一度でも経験してみないと位置関係も要領もサッパリ。
ヤマレコの高橋さんが熊野古道を歩いたという話を
熱く語っておられたのを聞いたのは5月のことである。
近いうちに行ってみたいと思っていたのが、まさかのこんな暑い時期になった。

金剛山山越えで京奈和自動車道(無料)に乗って阪和道にて紀伊田辺へ。
そこから熊野本宮大社に通じる国道311号で道の駅熊野古道中辺路へ。
高速片道1,620円(岸和田和泉から乗るより500円程安い)
道の駅には「牛馬童子口」バス停があり、そこから車で来た道を「滝尻」まで戻るかたち。
バスは約15分で630円。
車内には外国人が多数乗車で熊野古道人気が伺える。
滝尻下車後、熊野古道館に行ってみる。
そこではいわゆるスタンプラリーの押印帳を100円で購入した。
この押印帳があるだけで励みになった。
スタートしてすぐに外国人の若者2人が後ろから追い抜いきた。
Have a good luck!と言って先へと消えていった。
汗がとめどなく流れ、飲料をこまめに摂取する。
そよ風のあるところもあるが、ほとんどが空気の流れが止まっているゾーン。
前に紹介したプー機が大活躍で、あれがなかったら行き倒れてたかも。(^^ゞ
人に出会うことが無いままひたすら歩き続ける。
高原熊野神社あたりから民家がちらほらと、無料休憩所もあったがそこでは休憩せず。
もう少し進んだ大きな木の下で、道の駅でかっためはり寿司で昼食。
まだ計画の半分くらいの距離であるが、この暑さじゃもうここ(最寄り栗栖川バス停)で
エスケープ終了としたいと思ったりしながら休憩していると、
今度は外人カップルが追いついてきて、それはもうシャツはえらい汗でびっしょり。
女性のほうはタンクトップのワンピース一枚で肌露出しまくりで疲労困憊に見える。
それでも笑顔を振りまいて去っていった。
よし!自分もがんばろう!と広げていたザックの中身を片付けて歩行再開。
その後、それなりにがんばったがなかなか外国人カップルに追いつけず。
今回は中辺路(なかへち)からのメインルートを、
滝尻から大坂本王子までの6箇所のスタンプポイントを歩いたわけだが、
終盤の5箇所目のポイント「十丈王子」で休憩している外国人カップルに追いついた。
蚊やブヨのいるゾーンもあったせいか女性の露出した足は虫刺されでボロボロだった。
それでも涼しい顔して2リットルのペットボトルを滝飲みしていたというワイルドさ。
なんかね、外国人にパワーをもらったよ。
修行苦行みたいな顔して歩いてる場合じゃないね!(≧∇≦)
最初はもうちょっと距離を伸ばして牛馬童子くらいまでは行って
戻って来ようくらいに思っていたけれど、全身汗でずぶ濡れ状態で道の駅ゴールで終了とした。
あの外国人たちは近露王子あたりまでは行ったはず。
温泉に行く途中、買い物袋を持って歩いているのを見たから。

民家ゾーンがあったり、林道が横切っていたりと熊野古道のすべてが世界遺産じゃないけれど、
今回はほんの一端でも歴史街道を歩けて、全体像に一歩でも近づけたかなという気持ち。
今回の続きがあるとしたら、いつになるかな。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/07/18 21:44 ] 熊野古道 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにハマったのはたった数年だけ。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ