生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山の箴言版-(37) 

ちなみに「男の一生」はこちら
八十代から先は男・女共に同じですね。
これを作られた方はおいくつの時だったのでしょうか気になるところです。

【37枚目】山頂売店内にて
201007020-1.jpg
女の一生
二十代は 美しく
三十代は 強く
四十代は 賢く
五十代は 豊かに
六十代は 健やかに
七十代は 和やかに
八十代は 感謝して
九十代は 楽しませ
そしてそして
黄金の百歳

金剛山の箴言版-(36) 

なるほど、これはそのとおりかもしれない。
いま、どのポジション?

【36枚目】山頂売店内にて
20100701-1.jpg

男の一生
十代はときめいて
二十代は素直に
三十代はがむしゃらに
四十代は知恵をもち
五十代は見渡して
六十代は再出発
七十代は心やさしく
八十代は感謝して
九十代は楽しませ
そしてそして
黄金の百歳

金剛山の箴言版-(35) 

一新された千早本道の箴言板が、
内容まで新しいものになってしまっているわけですが、
過去の箴言版はいったいどこへ行ってしまったのでしょうね。

人は一人では生きれなくて、いろんな誰かと関わって生きているわけであって、
良い人もそうで無い人も、それらの人が自分の周りにいるバランスのおかげで
今日の自分がいるという「おかげさま」という気持ちを思い出しました。
おかげさまというと、まっ先に頭に浮かぶのは伊勢の「おかげ横町」です。
伊勢うどんに、赤福本店。(過去の事は忘れましょう)
その前に伊勢神宮でした。
ひさしぶりに伊勢に行きたくなりました。

【35枚目】千早本道にて
20100422-1.jpg

ありがとう
あなたがいてくれたお陰です
イエイエ
あなたがいてくれたお陰です
本当にありがとう
今やれることは
今やっておくことです

金剛山の箴言版-(34)  

まさに千早本道を登る人にぴったりの箴言板です。
膝を痛めないためにも、ものすごいスピードで駆け下りるのだけはお気を付け下さい。

【34枚目】千早本道にて
20100407-1.jpg

ゆっくり生きる
かけぬける人生よりも
一段一段登っていく人生の方がいい
その方が色んなものが
よく見えていいんだよ

金剛山の箴言版-(33) 

今月はまだ2回しか登っていないのに、もう23日。
ちょっと油断していると季節は移ろい、気づくとすぐに浦島太郎。
もう山の野草草花はとっくに咲き始めてるようだ。
ネタ切れの救世主、箴言板です。笑

最初の一行目の「一人一切人」とは何のことかさっぱり分からなかったが、
そんな時は、現代ではググってみるだけで簡単に答えが見つかるのは便利な時代だ。
意味は、人と人はどこかでつながっているんだよ、ということで、
一個人が他人と切り離されてひとりぼっちな事は決して無く、
他人とつながることで生きているということ、だそうです。
たしかに、たとえば、医者がなければ今頃生きていなかったかもとか、
今、自分に関係のある人は、何らかの理由で自分とつながっていて、
そして今の自分がここにある、みたいな。
そんななるほどと思い当たる節が誰しもあるのではないかと思う。

【33枚目】転法輪寺にて
20100323-1.jpg

一人一切人
大勢の人々に ささえられている
自分そして みんなの為に働く
そういう自分を知り
そんな私を創る
これが融通の世界です

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ