FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

大型台風21号から4日後の金剛山 (2018.9.8) 

20180908-36.jpg
金剛山頂 国見城址広場にて

寺谷はもはや最楽ルートではなくなった。。

【ルート】
 登り:寺谷ルート
 下山:シルバールート(細尾谷)


台風の爪痕がわが身の回りにもたくさん。
後片付けの宿題が山盛りなので、山登りなんか行ってる場合じゃなかったけど、
今日は雨のはずで片付けもできないなぁって思いながらゴロゴロしていたら、
雨がぜんぜん本気だしてこないので、片付けは昼からってことにして
10時頃から出て、ブルーシートを買いに行くついでに金剛山の様子を見てきた。

大阪側の主要なルートの2つをこの眼で確かめてきた。
長い文章もなんなので完結に。

【寺谷ルート】
ハードルートの分岐を過ぎてすぐの高所トラバースが山抜け。
ここがいちばん酷いと思っていたが、見た目だけであって、
すでにプチ高巻きの踏み跡がしっかり付いていたので、
ほぼ手は使わなくても通過できた。
問題は、まさかのレインボーブリッジ手前。
倒木が多すぎて、高巻きもたいへんなので、
倒木の上を滑らないように乗り越えたり、
一本橋状の丸太を渡ったりで突破するのにいちばん手間取った。
もはやアスレチックルートに改名か?!
私有地なので今後どこまで復旧されることになるのか不明。

【シルバールート】
大きくは3箇所、倒木どっさり等で通せんぼ状態。
くぐったり、またいだり、巻いたり、プチ高巻きしたりで通過。
今日は水量もあったので足元が濡れるの必至。

以上のことと、あらかじめ聞いている登山道情報を総合すると、
大阪側で最も歩きやすいのは現時点では文殊尾根ルートとなる。
次点として寺谷ハードかな。
お気に入りの馬の背ルートは間伐作業で長期通行禁止なので評価できない。
ってことで、いちばん人気だった寺谷ルートが難所となっているため、
ハイカーの流れが大きく変わりそう。

詳細写真は以下より。

金剛山 台風21号のダメージ(伏見林道・文殊尾根・ババ谷) 

20180905-1.jpg
今朝の伏見林道の様子 ※今輪昔青年さん提供

昨日、関西に上陸した台風はたいへんな被害をもたらした。
これほどの広範囲な影響は地震災害以上。
明日は我が身と言っていた我が身の周りにもあちこち被害あり。
すぐに復旧したくても業者さん大忙しでいつになるかわからなかったり。
そんなこんなでしばらくは山登りどころじゃなかったりするかも。
こんな様子だと金剛山もきっとえらいことになっているんじゃないかなと思いきや、
さっそくいろいろ情報が入ってきたが整理しきれない。
どのルートも大なり小なり被害あり。
伏見林道(念仏坂)は倒木20本ほどとか。
寺谷ルートは壊滅的との情報も。
一の鳥居や、転法輪寺境内近くの鳥居が落ちてないのが不思議。
直近で登られる方は、十分お気をつけて。

以下は、本日登られた今輪昔青年さんからの最新動画です。


台風21号一過の金剛山 ※今輪昔青年さん提供動画

盆休みの金剛山 

20180817-1.jpg
危険が迫る、転法輪寺境内外れの鳥居

朝の空気が変わって、超絶、爽やか!

17日(金)の今日、
今朝起きると、あきらかに外の空気が変わっていた。
いよいよ夏の終わりが近づいてきてるのを感じた。
真夏の間にやりたいことなかったっけ?ってちょっと焦りの気持ちも。
今日は予定もないのに会社を休んでお暇をいただいた。
もうすっかり会社に行かない生活に慣れてきたので、このまま毎日が日曜日に・・
なんてことになると増々何もしなくなりそう。
少ない休日をいかに充実させるかっていうストレスから出かける爆発力が生まれるような。
そんなこんなで今日こそ何も予定がないのでとりあえず金剛山へ。
そしたらも~、なんという気持ちの良い空気なんだ!と感激した。
スイッチを切り替えたようにまるで別の山。(≧∇≦)
爽やか御前。。山頂気温18℃。
しかも、ブヨもアブもぜんぜん居ない。
ひたすら涼しい風が吹き抜けていた。
も~爽やかすぎて寝転んで寝返り打ちまくって暴れたくなるほどだった。
どれくらい爽やかだったのかというと、
汗だくで帰ってきて、シャワーで汗を流した後、炭酸水でも飲んで、
クーラーの効いた部屋で座布団並べてその上に寝転んでプハーっていう気分の
だいたい1.5倍くらい気持ちよかった。
季節よ、ずっとこのままで居てと何度思ったことか。
ほんとに下山したくなかったけど、売店も休みの金曜日、
飢えに苦しんで泣く泣く下山。

ふと、転法輪寺境内外れの鳥居を見上げると、かなりヤバイ状態になっていた。
登山者の頭上を直撃するのは時間の問題!?
それとも金属芯でも中を通っていて、
落ちそうで落ちない落ちそうなオブジェってことないよね?
はたまた、水にめっぽう強い高野槇でできてるとか?

20180817-2.jpg
画像を補正するとどれくらいヤバイかよくわかる。

以上、おわり。
としたいところであったが、やはり書かずにはおれないことが・・・

週末の金剛山 (2018.8.4-5) 

20180804-25.jpg
金剛山 タカハタ谷ルートの水場にて

【動画編】


いつまで酷暑やねん、ホンマに。。

やんまんショウ最新号
https://youtu.be/OxeRh-mfNs8

週末は晴れが確約されていたので今シーズン初の遠征をしたかったけど・・。
安・近・短の金剛山へ。

8月4日(土)は朝からツツジオ谷ルートを登った。
しかし、最初の堰堤を越えたあたりからなにげに左手の尾根を眺めていると
ブッシュなどの障害も無さそうで取り付いてみたくなってよじ登った。
タカハタ谷とツツジオ谷との間の尾根。
尾根に取り付くと、最近こそ踏まれて無さそうだが、
かすかな踏み跡のある歩きやすい尾根で、テープもあったりでなんだか新鮮。
最後は急登になって、きっついなぁ、まだまだやなぁと思っていると
いきなりポンっとタカハタ谷ルート上の水場の上あたりに出た。
意外とあっさり。
この尾根歩くくらいならタカハタ谷をふつうに歩くほうが楽しい。
ってことで二度目は無いな。
山頂捺印所で西田さん、今日は和泉市長さんが登って来られるとやらで
いつもよりテンションが高い。
あまりにもゴキゲンで、新製品の飴ちゃんをもらった。
「ひんやり爽やか 冷たいのど飴 さくらんぼ」
というわけのわからないネーミング。
ポケット内で温まった頃に食べてみたら冷たかった。(≧∇≦)
なんなんや。
下山は釜谷尾根ルートから。
今回もオニヤンマ風なのをぶら下げてみたけど効果なしで、2箇所刺され、2匹退治したった。
帰りに「千早の風」に立ち寄り。
詳細は写真のキャプションにて。

日付変わって5日(日)。
やんまんショウ」のやんまんさん御一行が金剛山に来られるというので
用事を済ませてから昼前に金剛山へ向かった。
駐車場に着く頃には下山を始めていると電話があった。
下から逆行して出会えたらと、以後、移動体通信は圏外となるので
DCR(デジ簡)にてやりとり。
昨日は知人とは出会わなかったが、
本日はさっそくDCTさんと久しぶりの再会。
その後、タカハタ谷に入ってラブグリーンさんと久しぶりの再会。
そしてついに、タカハタ谷の水場にてやんまんさん御一行と出会った。
中山道六十九次を分割で歩かれていらっしゃって、
いよいよゴールの江戸、こと東京か?!というところの
楽屋裏話をいろいろと話していただく。
ほんとに長かったなぁ。。。最終回、観たら泣いてまうかも。;;
立ち話もそこそこに近日中にまたお会いできることを約束してお別れ。
暑くて最近は気分まで参っていたけれど、
やんまんさんたちに会ったら元気が出て勢いが付いたので
久留野峠まで回ってゲザンヌ。
最後はバスに乗ったけどね。

その他の写真は以下より。

金剛山 第590回 (2018.6.9) 

20180609-1.jpg
金剛山にて  ※モンベル「グラナイトパック30」デビュー

あの、謎のアオハタを探せ!
→見つかりました。

【ルート】
 登り:寺谷ハード
 下山:馬の背派生ルート


今週は雨の日が多かった。
近畿地方の梅雨入りは先日の6月6日だった。
昨日も深夜まで雨は断続的に降ったが、今朝は朝から晴れるかと思いきやどんより。

三週間ぶりの金剛山。
今日は前から気になっていた旗を探しに行こうと張り切って向かったのに
山はガスガスで展望がのぞめない。
今日は新調した30リットルザックでデビューなのに、こんな天気でええのか?
山登り始めた頃、山の先輩に、
ザックって10リットルごとに必要になってくるでって言われて半信半疑だったけど、
今では当然のように10リットル単位で持っていて、行く山によって使い分け。
マムートの30リットルザックね、あれずっとイヤだった。
腰ベルトの片方にしかポケット無いのもナンデ?と思う仕様だったし、
あまり荷物が入っていない時、天袋がうなだれるのがイヤでイヤで。。
しかもさらに最悪なのは、うなだれるだけならまだしも、天袋がガクっ肩まで外れる。
ザック本体とつながってなくて、取り外してウエストバッグ的に使える仕様のため、
天袋自体がだらしなくぶら下がるような感じになるのだ。
新聞紙でも何でもええから丸めて詰めて膨らましておかないといけないザックだったのだ。
そこで先日、なにげにモンベルに行ったときに見つけたグラナイトパックの最新モデルは
上部がくるくると巻きつける防水パッグにありがちな仕様になっていて、
止水ジッパーのついたポケットが内・外にあるので小物も入れられる。
30リットルなら金剛山を中心とした低山用として多用するし、
なんでも上から放り込めるパッキングのしやすさが魅力。
しかもサイドには給水用ボトルやストック、傘なども差し込めるので一目惚れ。
買ってから気づいたけど、ザック自体は防水ではなくて、ザックの内側に、
取り外しのできる防水のスタッフバッグみたいなのが貼り付いているだけ。
しかもグラナイトギアみたいな上等なやつには見えなくて、
ほんまにコレ防水なん?みたいなヤツだったというオチ付き。
って、今回はザックのレビューじゃないよ。(` ´)

アオハタとは、ジャムとかじゃなくて青い旗。
下から登るといつも休憩がてらに香楠荘を遠くに仰ぎ見ている
寺谷ハードルート唯一の展望のある場所で、
右のやや下のほうに視線をやると、何やら青い旗があることに気づいた。
いつかあの旗を探しに行こうと思っていたけれど、まさか今日になるとは。
というのも、今日は展望ポイントからの眺めがガッスガスで再確認できず、
仕方なく、以前にスマホのカメラで撮っていた写真にて確認。
香楠荘側の尾根というと、馬の背尾根か香楠荘尾根しかない。
香楠荘尾根ほど遠くはなさそうなので馬の背であると断定した。

現在、馬の背尾根で細尾谷(シルバー)との合流へ下るルートは
植林伐採作業中で立ち入り禁止である。
しかし、尾根を最後まで詰めるルートは作業エリアを通らない。
予想通り馬の背の尾根上で、さほど苦労することなく発見できた。

さて、そこから先はどっちに下りようか、
寺谷ルートにも念仏坂にも下りれるのだが、
寺谷ルート側には一度も下りたことがない上、
今日の雨上がりコンディションだとズルズル滑りそうなのでやめた。
念仏坂側は左・右2系統あって、以前は左で下りたことがあるので
今回は右、つまり急な尾根を赤テープを追って下るルート。
結果的には左のイエローテープを追うルートのほうが下りやすいと思った。
寺谷のどこに着地するかはもうちょっと寺谷側から確認しないと
行けないかなぁ。
そんなこんなで午前中のうちに下山完了した。
結論、ただのブルーシートを追いかけてました的な。。(^^ゞ

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
生駒大会 初参加なるか!?
カウントダウンタイマー
12th 生駒チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ