思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

金剛山 第590回 (2018.6.9) 

20180609-1.jpg
金剛山にて  ※モンベル「グラナイトパック30」デビュー

あの、謎のアオハタを探せ!
→見つかりました。

【ルート】
 登り:寺谷ハード
 下山:馬の背派生ルート


今週は雨の日が多かった。
近畿地方の梅雨入りは先日の6月6日だった。
昨日も深夜まで雨は断続的に降ったが、今朝は朝から晴れるかと思いきやどんより。

三週間ぶりの金剛山。
今日は前から気になっていた旗を探しに行こうと張り切って向かったのに
山はガスガスで展望がのぞめない。
今日は新調した30リットルザックでデビューなのに、こんな天気でええのか?
山登り始めた頃、山の先輩に、
ザックって10リットルごとに必要になってくるでって言われて半信半疑だったけど、
今では当然のように10リットル単位で持っていて、行く山によって使い分け。
マムートの30リットルザックね、あれずっとイヤだった。
腰ベルトの片方にしかポケット無いのもナンデ?と思う仕様だったし、
あまり荷物が入っていない時、天袋がうなだれるのがイヤでイヤで。。
しかもさらに最悪なのは、うなだれるだけならまだしも、天袋がガクっ肩まで外れる。
ザック本体とつながってなくて、取り外してウエストバッグ的に使える仕様のため、
天袋自体がだらしなくぶら下がるような感じになるのだ。
新聞紙でも何でもええから丸めて詰めて膨らましておかないといけないザックだったのだ。
そこで先日、なにげにモンベルに行ったときに見つけたグラナイトパックの最新モデルは
上部がくるくると巻きつける防水パッグにありがちな仕様になっていて、
止水ジッパーのついたポケットが内・外にあるので小物も入れられる。
30リットルなら金剛山を中心とした低山用として多用するし、
なんでも上から放り込めるパッキングのしやすさが魅力。
しかもサイドには給水用ボトルやストック、傘なども差し込めるので一目惚れ。
買ってから気づいたけど、ザック自体は防水ではなくて、ザックの内側に、
取り外しのできる防水のスタッフバッグみたいなのが貼り付いているだけ。
しかもグラナイトギアみたいな上等なやつには見えなくて、
ほんまにコレ防水なん?みたいなヤツだったというオチ付き。
って、今回はザックのレビューじゃないよ。(` ´)

アオハタとは、ジャムとかじゃなくて青い旗。
下から登るといつも休憩がてらに香楠荘を遠くに仰ぎ見ている
寺谷ハードルート唯一の展望のある場所で、
右のやや下のほうに視線をやると、何やら青い旗があることに気づいた。
いつかあの旗を探しに行こうと思っていたけれど、まさか今日になるとは。
というのも、今日は展望ポイントからの眺めがガッスガスで再確認できず、
仕方なく、以前にスマホのカメラで撮っていた写真にて確認。
香楠荘側の尾根というと、馬の背尾根か香楠荘尾根しかない。
香楠荘尾根ほど遠くはなさそうなので馬の背であると断定した。

現在、馬の背尾根で細尾谷(シルバー)との合流へ下るルートは
植林伐採作業中で立ち入り禁止である。
しかし、尾根を最後まで詰めるルートは作業エリアを通らない。
予想通り馬の背の尾根上で、さほど苦労することなく発見できた。

さて、そこから先はどっちに下りようか、
寺谷ルートにも念仏坂にも下りれるのだが、
寺谷ルート側には一度も下りたことがない上、
今日の雨上がりコンディションだとズルズル滑りそうなのでやめた。
念仏坂側は左・右2系統あって、以前は左で下りたことがあるので
今回は右、つまり急な尾根を赤テープを追って下るルート。
結果的には左のイエローテープを追うルートのほうが下りやすいと思った。
寺谷のどこに着地するかはもうちょっと寺谷側から確認しないと
行けないかなぁ。
そんなこんなで午前中のうちに下山完了した。
結論、ただのブルーシートを追いかけてました的な。。(^^ゞ

その他の写真は以下より。

金剛山 第574回 (2018.3.17) 

20180317-0.jpg
もみじ谷本流ルートのVゾーンにて

暑さ寒さも彼岸まで。。

【ルート】
 登り:もみじ谷本流ルート(どんぐり坂谷詰め)
 下山:狼尾根派生ルート


今日は金剛山水越側のもみじ谷ルートを久しぶりに。
もみじ谷ルートというとアベックさんのテリトリーみたいなもので、
初めてお目にかかった時、ハイカーの障害になる倒木の枝などを取り除いて
安全確保に努めておられたのが印象的であった。
最近やたらとテープ等がギラギラと貼られているが、それらはアベックさんではない。
もしかしたらお会いできるかなぁと狙ったけど結果的には会えなかった。

10時前に水越峠の駐車地付近に着いたものだから、
どこも満杯そうで路駐しか無いと思いきや、すでに帰られたと思われる空きが1台分。
それもバス停横で確保できたのでラッキー。(≧∇≦)
準備していると金剛バスまで到着して状況一変、、賑やかになる。
バスから降りてこられた方の一人はヤマップのとんとんさんだった。
カヤンボのほうを攻められるということ。
知人との待ち合わせもあったので準備でバタバタしており、立ち話もそこそこにお別れ。
ダイトレは、昨年の台風の水害の後片付けでユンボやトラックが出入りしているという状況。
ダイトレを朝も遅い時間に歩き出していると、次々とハイカーがやってくる。
最近は水越側もメジャーになったのか、はたまた金剛山自体、登山者が増えたのか
人に会わないのが難しいほどになってきているのを感じる。
つまり、写真撮影では他の方がフレームインしてしまう率が高く、
たとえ後ろ姿であっても昨今ではおいそれとネットに写真を掲載するのは憚れる。
写真を撮る=ネットに流れるみたいな意味合いが強くなってくると、
だんだんとカメラを向けれる場所が無くなってくる。。
じゃあもうカメラ要らないね、とはなってほしくないよなぁ。

さて、もみじ谷ルート。
ずいぶんと変貌しているのは知っていた。
逆にごちゃごちゃしたものが洗い流されて広く明るくなった感じ。
特に狼谷や、その分岐付近がスッキリ。
狼尾根も歩く人が増えたのか、踏み跡もハッキリと見てとれ真新しいトラロープまで設置。
今回は普通にもみじ谷本流ルートを歩くつもりは無くて、
どこだったか右手に取り付きのある未踏の尾根に上がるつもりが、つもりが・・
うっかりしていて見落としてしまった。(^^ゞ
たしか第5堰堤とVゾーンの間だったような。。
すでに第6堰堤まで来てしまってから行き過ぎたことに気づいたもんだから
ちゃっちゃと、どんぐり坂の急登を登って終わりにしようと思っていたら、
どんぐり坂への取り付き前方に真新しいテープが見えたのでテープを追って谷を詰めてみた。
寒の戻りのせいで霜柱ができており、それが溶けかかってヌルヌルの状況で
最後はトラロープのあるちょっとした急登となった。
足がズルズル滑って、一歩進んで二歩下がるワンツーパンチな状況は、
偶然にも設置されていたトラロープ無しでは登れなかった。(^^ゞ
そんなこんなで、売店裏の踏み跡が入り組んでるところに出て終了。
捺印所では西田さんと長話し。
先週末は2件ともヘリでピックアップする事故があったとかで、
1件はメディアで報道されたとおり、お亡くなりになる事故となった。
もう1件は35歳男性が第5か第6かの堰堤から転落して足骨折でヘリピックアップ。
まぁそれにしても今回の冬シーズンに入ってからというもの、
金剛山での遭難事故は、見聞きしただけでも過去に例がない大量発生だった。
特に、タカハタ・ツツジオルートでの遭難が目立って多く毎週末連続していたことも。
その原因について考察してみる。
見聞きした話を総合すると、初心者や金剛山初めてというハイカーが、
どちらかというと熟練者向けのタカハタ・ツツジオ方面へやたらと流れて来ていた。
尋ねてみると「こっちが本道と思った」「みなさんがこっちへ流れるので」との理由。
それもそのはず、慣れたハイカーだと試練の本道より、ワイルドなタカハタ・ツツジオへと
流れて行くものだから、何も考えずに付いて行った結果、迷ったというケースがほとんど。
つまり、大きくルートが分かれる高城茶屋の前に、
 「千早本道は右(→)」
といった案内板が無いから事故多発という結果になったのではないかという結論。
ついでに「左(←)熟練者コース」とも書いておいてほしいかな。
ライブカメラ人気で、遠方からの初めてやってきたというハイカーだけでなく、
外国人までが増えてきている現在、ぜひ看板設置を望みたいところ。

捺印を済ますと香楠荘へお昼に向かい、お気に入りの「冷やし月見山かけ蕎麦(大)」を食べ、
再び山頂まで戻り、下山は登りで見つけられなかったルートを逆から行けないかと
過去に歩いたことのある大日岳手前の取り付きからしばらく踏み跡に従う。
途中、3分岐があって「左:狼谷ルート、中央:狼尾根(急)、右:ややゆるい
と書かれてあった。
ややゆるいって何ですの?!
左と中央は知っているので、右のややゆるいルートこそ探していたそれだろうと進出するも
だんだん狼尾根のほうに寄って行ってるなぁと思ったらそれほどでもなく、
狼尾根、狼谷からけっこう離れた上流の、あまり印象がない谷に着地。
渡渉して登山道に取り付いてみたら、そこは第4堰堤から50mくらい下流だったかな。
振り返って眺めてみても、下からは登れるような取り付きや目印はまったく無かった。
ってことで、なんとも不完全燃焼ながらも、たっぷり歩き倒せたのでヨシとしよう。

その他の写真は以下より。

金剛山 第570回 (2018.2.24) 

20180224-8.jpg
金剛山 転法輪寺のカマクラ

久しぶりの金剛山はスケートリンク

【ルート】
 登り:わさび谷ルート
 下山:千早本道


金剛山、お久しぶりです。
先週末は実質休日出勤みたいなものだったので山に行けず。
二週間ぶりの週末の今日は朝から用事があったので遅いスタート。
昨年の台風の影響でズタボロになり、
千早赤阪村から正式に登山道としては廃道とされたカトラ谷ルート。
自己責任の範疇で歩く人も徐々に増えてきているとのことで、
そろそろ踏み跡も落ち着いてきたころかなと凸撃したものの、
ピノプランさんの店あたりに差し掛かったところで17時の同報無線が流れた。

台風後初のカトラを捺印所が閉まるまでの二時間で登りきれるだろうか。
その行程のうち半分あたりで日没になるよなぁ。(^^ゞ
とりあえずゲートをくぐって進出。
取り付きまでのアプローチの林道がスケートリンク状態になっていて
先が思いやられる。
黒栂谷ルート、黒栂尾根ルート、わさび谷ルート、カトラ谷ルートの
分岐時点で19時まで残り時間一時間半。
しかし、あと30分もしたら日没になるので今回は断念。
黒栂谷ルートでセト経由で山頂へ急ごうと思っていたら、
わさび谷ルートの取り付きあたりに新しい林道が開拓中だったので
そちらへと進出していくことにした。
ほどなくして行き止まりとなり、左手の尾根に取り付いて少し登ると
わさび谷ルートに合流できたので、そこを歩くことにした。
ところが思っていた以上に荒れていて難航。
お助けトラロープはあったもののトラバースできそうにない部分は高巻き。
ナメ滝を越える部分は完全凍結して氷爆みたいになっており、
太めのロープのおかげでなんとか横断することができた。
もうここはダメかもなぁ。。

そんなこんなで尾根に合流する。
その尾根は、下の堰堤からも取り付くことのできるので、
最初からそっちから登れば良かった。。
思いの外、時間ロスしたような気がしたのと、日没が迫るので焦る。
自然林帯に突入すると落葉しているおかげで明るかった。
再び植林帯に入ると真っ暗なのでヘッデンの出番となった。
ようやく青崩道まで登りきると、ツルツルアイスバーン。
時計台下が崩落したままなので、やや遠回りして売店裏から捺印所へ。
捺印所の閉まる19時まで、残り時間は20分であった。
ずいぶん気温が上がったもので山頂0℃だった。

翌25日(日)も金剛山へ登ったので、その様子も後日アップしようと思う。

その他の写真は以下より。

金剛山 第568回 (2018.1.27) 

20180127-0.jpg
金剛山山頂 国見城址広場にて


二ノ滝にて (360°ビュー)

未だ青空の雪景色に出会えず

【ルート】
 登り:ツツジオ谷(源流)ルート
 下山:千早本道


先週、一晩で氷結しそうなほどの最大級寒波が到来し、
降雪もあって金剛山はいよいよ雪山のクライマックス。
数日たった27日の土曜日、懲りずにまたツツジオ谷ルートから。
やんまんさんと登った日よりは寒さはいちだんと厳しくきびしくなったので、
さぞ麓から積雪もたっぷりと思いきや、
駐車地の一休茶屋までノーマルタイヤでも大丈夫なほど乾いてる。
さらには途中のアプローチも乾いており、
登山道は腰折滝を超えるところまですべり止めが要らなかった。
一ノ滝はいちだんと氷結しており、途中越えていく堰堤も氷結。
二ノ滝はこんどこそ完全氷結になっていると思いきや、あれ?
前日に登った人は完全に凍っているとレポートしてたのに。。
まぁいいっか、雪景色があれば。
雪景色はまわりを白く明るくしてくれるのが良いよね。
風が無くて青空ならさぞゴキゲンだろう。
そんな状況であれば久しぶりに鍋もしたくなるところであるが。。
惜しいから、今回も曇り空。
このパターン、ちょっと飽きてきたかな。
もみじ谷第六堰堤に足を伸ばそうと思ったが空腹を覚えたので、
いちおう葛木神社のまわりを周回パトロールして千早本道にて下山。
まるで数珠つなぎのようにぞくぞくと登山者が登ってこられる。
七曲りのところですれ違った方から声をかけていただいたきました。
その節はありがとうございました。
下山後、「縁(えに)」にてお昼を摂って帰った。

その他の写真は以下より。

金剛山+葛城山 (2018.1.6) 

20180106-11.jpg
金剛山 シルバールートにて

20180106-0.jpg
大和葛城山にて   お~い、みんな、おいでよ~!

雪まみれの金剛山。
まさかのイメチェン、葛城山は想像以上。(良い意味で)

【金剛山ルート】
 登り:シルバールート
 下山:ババ谷ルート

【葛城山ルート】
 登り:天狗谷道
 下山:ダイトレ


仕事始めの5日、山間部ではこの冬初めてまとまった雪が降った。
翌6日からまた3連休であるが、5日に通勤しただけで正月気分はすっかり消えた。
また哀愁漂うヒラリーマンの一年が始まる。。ちなみに成人の日は法事。
はい、ここまでは将来読み返した自分への覚書きなのでスルーしてください。

そんなわけで前日にドカ雪が降ったので、金剛山がどんなことになってるのか
気になったので、他の山への迷いも無くちょこっとだけ早起きして向かった。
金剛・葛城の山体が見えてくると、なんと!葛城山もこってり白いではないか!
標高が100m低い葛城山山頂がぽってり雪が積もることが近年まれになってきている。
葛城山も気になるぞ?!
金剛山でドカ雪というと、忘れもしないabek3さんとラッセルしたあの日のことを。。
それに比べると今回はたいして積もってない感じ。
シルバールートに突っ込んでみるとトレース無しの新雪だった。
これがまた厄介なことにトレース無しは想像以上に歩きずらく、
通常よりもかなり時間がかかって遊歩道に登り着いた。
空はどんより鉛色で、細かい雪が降り続いている状況。
熱々蕎麦を食べてほっこりできる避難小屋「香楠荘」の開店まで一時間もあるし、
このまま金剛山をうろついて過ごすには歩きたらないので、
一旦下山して葛城山を登り返すことにした。
下山すると空腹の極地で、もうこのままどこかで食事して帰ろうかという思いと、
葛城山山頂の積雪の様子を見に行きたいという思いの葛藤。
ザックにあった菓子類で空腹を落ち着かせ、葛城山に登りに行くも、
どこもかしこも駐車スペースが無かったが、そのうち数台のスペースが空いた
さわんど茶屋前の駐車地が起点になった。
付近ではあの夜登さんと久しぶりの再会があった。
ここからのスタートとなると天狗谷ルートが近いがコースタイムが2時間である。
つまり、山頂の葛城高原ロッジに着いて食事にありつけるのが14時にもなる。
迷ってるとどんどん遅くなるので、とりあえずスタートした。
気が変われば引き返せばいいし・・なんて思ってたら、
昨年の台風21号の影響で様変わりした天狗谷ルートはまさかの沢ルートに変貌。
想像以上に沢ルートしていて、まるで知らない山に来たかのような変わりようだ。
荒れていて高巻きしたりする箇所もあるが危険箇所は無い。
これはちょっとうれしい誤算。
夏場は最初から最後まで沢を詰めるなど、清涼感をたっぷり味わえそうだ。
つづら折れが始まる直前に以前あった水場あたりはすっかり取り払われ、
沢が大きく二俣に分岐しており、左俣(上に向かって右側)には滝が見える。
登れそうな滝なのかどうかはよく見えない。
右俣(上に向かって左側)の沢は緩やかで、詰めた先はというと
つづら折れの従来の丸太階段の登山道の上のほうで最接近していたので、
沢を詰めてもスムーズに登山道に合流できる。
この新生・天狗谷ルートは今後は沢も楽しめそうなルートになった。
葛城山山頂周辺は、これまでこんなに積雪のある時に来たことがないのでは?と思うほど
こってりと積もっていたが、この日は風も強くてホワイトアウト状態の時もあった。
葛城高原ロッジで食事後、新アイテムの撮影のために山頂へ登り返すもかなり寒かったぁ。
こんなに寒さ厳しい雪山に登ると考えると、上にオアシスとなるロッジなり避難小屋の
ある山じゃないと行きたくないなぁと思った。(^^ゞ
青空とほぼ無風の雪景色が望めるなら話は別であるが。
さて、午後3時も過ぎて日没が近寄ってくるのでダイトレから下山開始。
あれここどこの山だっけ?
なんだこの開放感は!?
そういえば先月のブログ記事にいただいたnozillaさんのコメントに、
「草刈り作業で階段道は見通しが良くなってスッキリ」とあったのを思い出した。
いままで背の高い笹で覆い隠されていた部分が刈り払われてまるで別の山に来たような印象に!
これはまさかのサプライズだった。
駐車地に到着直前には少し雨に降られたが、たっぷり歩けて大満足の一日となった。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにハマったのはたった数年だけ。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ