生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第496回 (2017.1.14) 

20170114-00.jpg
金剛山山頂にて 今冬、初めての山頂カマクラ

霧氷をも吹き飛ばす強風で寒かったぁ。

【ルート】
 登り:シルバールート(細尾谷)

 下山:香楠荘尾根ルート

いきなり、寒すぎでんがな。。
どんよりとした空、風が強く、雪も薄く、山頂は寒いだけの予感。
この冬一番の寒波にくじけそうになる。
皮下脂肪がほとんど無いというか、
ミートテックも、ファイバーミートも身につけてないので寒い~。(´ `)
山アンダーに山シャツ、この時期欠かせないトレールアクションパーカー、
その上にソフトシェルは最初から最後まで脱げず。
ちゃちゃっと登って、さっさと下りようというつもりで百ヶ辻をスタート。
シルバー取り付きから滝の脇を登ったところで
どうせ最終的には付けるんだからと早々にチェーンスパイクを装着!
足元の凍結具合なんてどこ吹く風、ガシガシ歩けるようになった。(^^)
やや久しぶりのシルバールート、先行者のトレースも無く静かに歩けた。
遊歩道まであと少しの終盤に差し掛かったところで
ブロロロ・・とエンジンのようなあの音。
ヤマドリが羽ばたく音である。
忙しく地面をつっついていて笹藪から出てきてくれなかったが、
口笛を吹くたびに羽ばたいてくれた。
これって威嚇?
そんなこんなですぐに遊歩道へ出て山頂へ。
なんとなんと!今冬、初の山頂カマクラが登場!
やっと冬がキターって感じの、金剛山、冬の風物詩。
これからどんどん成長してくれよ!
山頂広場に行かず、氷華さがしに行くも少し積雪もあって見つけられず。
久しぶりに展望台に上がってみたり。
ログハウスはまだやっておらず静まり返っている。
そうこうしているとカラダの芯まで冷えてきたので下山を急いだ。
下山寸前、かなりの人数の団体を見かけた。
バス数台がやってきていたとか。
とにかく風が冷たかった。。

その他の写真は以下より。

金剛山 第494回 (2017.1.7) 

20170107-0.jpg
金剛山ロープウェイ駅舎ウッドデッキにて

絶好の天気で空気が澄んで青空、展望、最高!

【ルート】
 登り:タカハタ谷ルート
 下山:香楠荘尾根ルート


登り出し8時前は、骨身にしみる寒さで凍りつきそう。
このとき、山頂気温はマイナス3℃。
ジオラインインナー、山シャツ、トレールアクションパーカで歩きだすも寒さおさまらず、
途中でソフトシェルも着てようやく落ち着いた。
もうちょっと脂肪を付けたいな。。
冬の寒空の下、ご無沙汰ルートのタカハタ谷道から。
根っこゾーン近くまで登ってきて、一瞬自然林になるところでようやく太陽とご対面。
空気が乾燥していて湿度低そうで霧氷すらない。
写真を撮りながらなので2時間近くかかって山頂へ。
気温は3℃も上がって0℃。
最終的にはお昼には3℃まで上がったので、滞在中に6℃も変化した。
それでもソフトシェルは脱げないまま過ごす。
昔青年さんと久しぶりの対面、キリ番直前には必ず連絡させていただきます。
久しぶりの10時のライブカメラには面識ある方が多数。
チャレンジ登山以来、再会した方も。
山頂周辺も白いものまったく無し。
ブナ林に移動すると、なんとか氷華だけには会えたが、
いつも群生しているスポットにはまったく無かった。
一の鳥居から下の遊歩道へ下り、香楠荘のほうへ。
昨年末、新たに登場した金剛山ロープウェイのウッドデッキの確認へ。
ポカポカ陽気な上に展望抜群で、ご機嫌な場所だった。
ウッドデッキは上のトイレのところにもあり、さらにその上には展望台もあるので、
駅舎の上のウッドデッキはロープウェイの時間待ち用なのか、
はたまた将来的なイベントスペースにでも利用されるのか。
テーブルと椅子などがあれば弁当スポットにもなるけどゴミ問題?
敷いてあるそれぞれの床板同士にやや隙間があるのでモノが詰まりやすそう。
これで完成形なのかな。。
下山は香楠荘尾根から。
念仏坂に着地すると、湧き水で濡れてる部分は完全に凍結していたが、
本日もついにアイゼンを使うことなく山登りできた。
さて来週はいよいよ寒波が本気を出すと言ってるそうなので
いよいよ樹氷や山頂カマクラが期待できるかも。
しかし今朝以上に寒いと僕はどうなるの?!

その他の写真は以下より。

金剛山 第493回 (2017.1.4) 

20170104-9.jpg

登山靴忘れど、多くの出合いあり。

【ルート】
 登り:寺谷ルート
 下山:文殊尾根から寺谷ハードルート


家から金剛山まで五割くらい来たところで、そういえば登山靴、積んだかな?と。
いや、積んだ記憶がないなぁ。。。こりゃ忘れたな、きっと。。。ま、いいっか。
中敷きを一度だけ忘れたことがあるが、登山靴を積み忘れたのは生まれて初めてである。
ちょっと出る時だけ慌ててたからなぁ。
今日の運転にはペダルの感触がわかりやすいようソールの薄い履き潰したトレランシューズ。

そんなこんなで足に優しい?寺谷ルートで登ることに。
ローカット、メッシュ破れかけ、ソールつるつる剥がれかけという悪条件はスニーカー以下である。
ほぼフル装備の身にこの靴ときたら、スタビリティが無さすぎてよろめく。
裸足のほうがマシなくらい。
学校で、上靴で運動場を歩いているような違和感。。
足つぼマッサージ効果を期待するとしよう。

今日はたくさんの知人と出会った。
まずは、車走らせていたら、妙見谷に向かうアリさんナオさんが歩いておられたので車窓越しに挨拶。
念仏坂を歩き初めてすぐ、穴熊から下りて来られた花や鳥の写真が上手なSACHIさん
雪も霧氷も氷華も花も鳥も無しだったとかで、撮るものが無いので場所を変えられるとか。
寺谷ルートを登っていると、後ろから「キバラーさんやん」と
最近3千回達成された富田林の田中さんが追いついてこられた。
寺谷を登りきって、神の宿る木のそばでの自撮りを終えて登山道に戻ったらレンさんパパさんにばったり。
その後、葛木神社に直行し、喪明けの初詣をして階段を下ろうとしてたらお久しぶりの越路さん
越路さんと鳥の餌場の上に、アキチョウジの氷華をいちおう探しに行ったけどやはり無かった。
気温が氷点下にもなってない上に、風すら無かったから仕方がない。
そうこうしていると、ひろさんが登場。年越し登山でお会いしたばかり。
お二人とは分かれて葛木神社経由で捺印所へ。
転法輪寺境内ではシュータンさんと久しぶりにお会いした。
山頂気温は2℃。
捺印終えて広場に行くと、金剛山自然を守る会の方に声をおかけいただいた。
その節はありがとうございます。
下山をしようとコンクリ坂を登りかけたら恩師の深井さんと久しぶりの再会に喜んだ。
その後、文殊尾根を下っていると、登ってってこられたko-yaさんに遭遇。
赤坂山をご一緒して以来である。
靴が靴なので、文殊尾根から寺谷ハードへ入って下っていると、
ソールのグリップが効かなくて、なんでもないところで滑ってこけた。
念仏坂に着地して歩いてると、山頂で出会ったひろさんに追いついて駐車地までご一緒させていただいた。
さて、全部で何人と出会ったでしょうか?!
初登り(元旦は下山のみ)で、たくさんの知人とお会いすることができて幸先の良いスタートとなった。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中