生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

台高山系 高見山 (2017.2.11) 

20170211-0.jpg
高見山山頂にて
orisさん、みねごん、ニシオさん、うっちぃさん、ゴンさん、yossiさん、キバラー

【動画編】


厳冬の高見山の厳しさをあらためて実感

【ルート】
 たかすみ温泉-高見杉-高見山山頂(ピストン)


ヤマレコ版はこちら

高見山に過去15回も登っているというorisさんから、
今年こそは最高の高見山をご案内しましょうと
週末が近づくたびにタイミングを見計らっていただいたが、
この週末を逃すともしかすると後が無いかもしれない寒波襲来。
土日のどちらでもよかったが、翌日ゆっくりできる土曜日に決行となった。
奇しくも今シーズン最大の積雪が予想され、
登山口に行き着くことさえ困難かもしれない可能性もあった。
たかすみ温泉までたどり着けたら、あとは温泉に入って帰るだけでもいいし
行くだけ行ってみて、状況をみて判断することに。
今回、お馴染みメンバーに加えて昨年、六甲地獄谷をご一緒したニシオさん、
以前からご一緒したいと思っていた龍門組のゴンさん
そして3年ぶりの再会となる、うっちぃさんの友人のyossiさんだ。
6:30にたかすみ温泉にて待ち合わせということで、
orisさんのことなので、いつも待ち合わせ時刻の30分くらい前には到着している。
雪が降ろうが槍が降ろうが遅れてはならじと南阪奈道路まで使って時短を試みる。
桜井市の女寄トンネル手前あたりから路面積雪となる。
進むに連れてどんどん雪深くなり、先行されていたorisさんから、
道の駅大宇陀以遠はスタックしそうなので進行を断念したと連絡を受け、
こちらの車に乗り換えてもらって行けるところまで行くことにした。
轍の深さが30cmほどあろうかと思うR166をひた走ってなんとか温泉に到着。
空はどんより、しばらく降雪も続いていたのでしばらく様子見。
徐々に外は明るくなり、雪がやみ、青空も出てきた!
先行者のトレースもついていたし、数人のハイカーは出発準備をしているいし
これはもう決行するしかないと期待が高まる。
標高470mほどのたかすみ温泉ですでに20cmほどの積雪があったので、
山の上はさぞどえらい積雪ではないか?という想像の中、順調に進んで行く。
湿っぽい雪の重さに必死に耐えてるような木ばかりであったが、
枝が折れて落ちてきたような形跡はどこにもなかった。
雪質が雪質だけに高見杉まではノーアイゼン。
そこから先、グリップが効きにくくなってきたところで
アイゼンにするかチェーンスパイクにするか迷ったあげく後者に。
湿っぽいのは登り出しだけだったので雪団子が懸念されたが終始大丈夫だった。
杉谷平野分岐あたりからはさらに雪深くなって雪景色の美しさも際立ってくる。
山頂が近づいてくると風も出始め、山頂手前の風の当たらないところでoris隊長から
「もうすぐ暴風の稜線に出るので、最大限の防寒を」とのこと。
自分は寒がりなので、登り出しから(下山完了まで)レイヤリングは変わらず。
お気に入りのモンベルのトレールアクションパーカーはバラクラバにもなるのだ。
暑い暑いと言いながら登ってきたメンバーはアウターを着込んで準備。
さていよいよ稜線、ここまで登ってきてあまり風らしい風もなかったので
どれだけ寒いかと思いきや、まさかの爆風で信じされない寒さ!
高見山は、冬はもちろん、いろんな季節に登ってきたが、
本当の寒さは知らなかったなぁ。
あまりにも冷たい強烈な風で、たちまち体温を奪いかねない。
それでも気持ちに余裕があったのは、すぐそこに避難小屋があるからだ。
こんなのが延々と続くような山で寒さに耐えたくないなぁ☆彡
山では風があるかないか、強いか弱いかの影響は大きい。
避難小屋に飛び込むと、風の当たらないありがたみは完全に天国だった。
霧氷号の団体さんが来られるまでに記念写真を撮ろうと一旦山頂のお馴染みの場所へ。
外で食事するなんて今日は不可能だ。
撮影が終わるとすぐさま避難小屋へ戻って昼食をとった。
霧氷号の団体さんが到着すると満員電車状態どころか、屋上はいなばの物置、
中に入れない人が突風にされされながら大渋滞とのこと。
大峠(高見峠)に下りて食事し、周回して帰るというのも良いと考えていたが、
今日の寒さではとてもそんな気になれず、パンとスープで軽い食事を済ませる。
みなさんも軽く済ませたみたいで、30分足らずの休憩を終え、
来た道ピストンにて下山体制へ。
もし避難小屋に入れなかったらミックスナッツでもほおばりながら
無休憩で下山するところだった。
下山はさらに爆風がパワーアップしているように思えた。
まもなく霧氷号の団体さんが続々と登ってこられた。
到底避難小屋に収容できない人数が続々と。。
そのあまりの多さに、この時期の高見山の人気ぶりが伺えた。
下りは雪深いのでグリセードよろしく月面浮遊のように楽チンだったりで、
登りの倍速くらいの早さで下りてこれたと思う。
いゃ~、それにしてもあの寒さは、いまだかつて経験のないレベルであった。
orisさんには実行計画から現地でのタイムキープ、的確なアドバイス、
たいへんお世話になりました。
寒かったけど、楽しかったなぁ。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/02/13 20:45 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(22)

3年目のチェーンスパイク 

20170210-1.jpg
モンベル「チェーンスパイク」  ※3年前とパッケージデザインもまったく進化なし(´ `)

500回記念に、ささやかながらチェーンスパイクを3年ぶりに新調。
ちゃんとした爪の多いアイゼンも持ってはいるが、これまたぜんぜん出番が無い。
そんなアイゼンを使う山に行くならばピッケルも装備として必要だろう。
そうなるとカメラを手に持って、もはや撮ってなんかおれないよね、ってことで現在に至る。
ちなみにヘルメットは所有しているので、あとはピッケル・・。
どなたか使わなくなったピッケルがあれば下取りしましょうか?(≧▽≦)
以前、冬の稲村でピッケルが無くてストックでは話にならず、
トラバースが大変だった思いをしたことがあるので。
以前って・・え! もうあれから6年も経ってるの?? 3年くらい前だと思ってた!(≧∇≦)
まぁそんなこと言ってるうちに短い冬も、短い人生も終わって・・・。
ほら、春はもうそこで待ってるよ。
チャレンジ登山のカウントダウンも始まったことだし、ピッケル、もうええかぁ。。☆彡

20170210-2.jpg
左が最新の新品、右は3年落ち
わずかに色が異なるのは、退色したか、製造のバラ付きか、まぁそんなところだろう。

さて、チェーンスパイクの説明は3年前に詳しく書いているので今さら必要ないだろう。
雪質によっては思いっきり高下駄の雪団子ができるし、刃が短いので腐った雪ではまったく刃が立たないけど、
中途半端に雪があったりなかったり、凍っていたり乾いていたり、アイスバーンって時には最適。
3年も使ってると、真っ先にシリコン部がちぎれたりするのかとおもいきや、ぜんぜん平気で
シリコンのかかとあたりを引っ張り上げ足らずに地面(岩など)に接触したりして
こするようなことでもしない限り、擦り切れることはまず無いということが確認できた。
まぁ、3年も使えば、もう元取ったと思っているが、
新調したものの、もったいぶってまだまだ古いのをメインで使い続けそうなこの頃。

スパイクが前に8本、かかとに2本の計10本ある中で、最もすり減っていたのはかかと部だ。
現在のすり減り状態だと、ガリガリのアイスバーンな路面では、
体重のかけ方によってはかかと部のスパイクが、ガーっと引っ掻くように少しではあるが滑る。
でもまだ使えそうなので、新調したものは予備ってことで。(^^ゞ
スチール製なら鉄分となるのに、ステンレス鋼の削れた金属クズは山に溶け・・自然に還らないよね。。

20170210-3.jpg
3年目のかかと部の刃

20170210-4.jpg
新品のかかと部の刃
Check [ 2017/02/10 21:02 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)

金剛山 第500回 (2017.2.4) 

20170204-0.jpg
金剛山山頂 国見城址広場にて  ※写真提供:JH3JFFさん
左から、昔青年さん、富田林田中さん、JH3JFFさん、キバラー、金剛山守る会の山本さん、常連さん


間違って傘なんか持ってきてしまった。。

500回目は、まさかの未踏ルート?!

【ルート】
 登り:中尾の背ルート
 下山:県境尾根ルート(初)


おかげさまで10年もかかってようやく500回を達成。
振り返れば、よくもこんなに長く(山登りもブログも)続けてこれたなぁと。
そもそも山登りを続けるきっかけとなったのは、
会社の後輩と、夜の狭山池をランニングしていた時に、
金剛山に登りたいんだけど、本道以外の道がよくわからないので案内してほしい
ということから始まった。
犬を連れて月に一度登っているという親戚のおばさんが居るのを知っていたけれど、
月に一度も、あんなしんどい金剛登山をするなんてすごい!って思っていた頃だった。
その後輩との1回目は、続けるなんて思いもしなかったので回数カードは買わず
まさかの翌週末にも登ることになり、これはもしかしたら毎週と言わないまでも
続くことになるかも?と思って2回目にして回数カードを購入。
それからあっという間の10年。
あの後輩は今はどうしてるかなぁ。。
500回というのは自分の中ではこれまでの300回や400回と同列程度に思っていたけれど、
やっぱりどこかで500回という節目を目標として意識していたように思う。
他の方には関係のない、まったく個人的な数字なので、一人静かに通り過ぎようと思っていたら、
昔青年さんから、「500回になる日がいつになるか、ぜったい連絡ちょうだい」と、
当の本人より気にしていただいていて嬉しかった。
そして当日は、心温まる500回のボードを作ってきてくださった。
金剛山の登山回数記録システムというのは本当に良くできたシステムで、
他の山ならとても登りに行く気が無いような日でも時間があれば
金剛山ならハンコもらえるし、ちょっと運動してこようかなと背中を押してくれる。
その結果、森林浴で気分スッキリ、運動してきたという心地よい疲れでカラダはほぐれ、
行って良かった、満足、満足、となって帰ってこれる。
それだけでも十分なのに、金剛山を通じて、人、モノ、事に出会い、気づき、
歩く以外の楽しみの幅も広げてくれた。
もう、山登りは金剛山だけでええわぁ、って思う事もある。
他の多くの山に登って来られた諸先輩方も、最終的には金剛山に落ち着かれておられる感じ。
金剛山ってそんな山かな。

前日の金曜日は霧氷が綺麗だったみたいで、それならと中尾の背ルートがふと浮かんだ。
そういえばかなりご無沙汰なルートの一つである。
金剛山三大急登の異名は、前回登ってからずいぶん経った今でも同じ印象となるか?
登り始めてすぐ目の前に飛び込んできた山の頂は、ぜんぜん白くない。(≧∇≦)
あかんやん。。。
まぁええわ、とにかく中尾の背をのぼろう。
取り付きまでの沢ルートは凍ってもおらず、冬なのになぜか清涼感が心地いい。
前に登った時はいつだったか覚えていないが、その間、水害等もあって、
取り付きからいきなり崖登りのような急登。
そこからも心臓破りの垂直のような急登が続く。
ゆっくり、しかし確実に高度を上げていっているのに、急登は一向に穏やかにならない。
すぐにソフトシェルを脱ぎ捨て(ザックに)、アクションパーカーも脱ぎ捨て(ザックに)、
野球拳のようにどんどん脱いでいきたくなる。
寒がりでどうしようもない自分でも、全裸になりたくなるほどホカホカになった。
やっと水平になったかと思いきや、まだまだとことん続く。
挙げ句の果てにはアップダウンも3回ほどあって、さらにとどめの急登!
六道の辻まで楽になることがなかった。(≧∇≦)
大日岳まで登ると日差し明るく空は青い、いい天気だ。
山頂で9時半に昔青年さんと待ち合わせしていたので、ちょうど計算通りに到着。
山頂気温マイナス0℃。
昨年末に3,000回を迎えられた富田林の田中さん、
いつもならハンコを済ませたらただちに高速下山されるのでタッチマン(山頂にタッチするだけ)
というあだ名が付いておられる。
そんな田中さんも記念写真までずっとおつきあいくださった。
ライブカメラ10時の常連さん(といっても話を聞くと凄い方ばかり)や、
都島区から毎日通われてる回数登山最高齢92歳の山下おばあちゃんからも祝福。
山頂付近では、ヤマレコの方など2名の男性からお声がけいただいた。
その節はありがとうございました!
先日はアマチュア無線430MHz帯にて59レポートにて、
剣尾山でも声の聞こえたJH3JFFさんと大日岳へ移動し、
いつも運用されている無線風景を見せていただいた。
下山は最近話題の県境尾根ルートから。
麓からだと越口近くのコンクリート橋が起点となる県境尾根ルートは、
尾根こそ登っていないが、廃林道を詰め、堰堤まで一旦下って沢を詰め、
なかなか良い感じの滝を見つけ、その後、太尾東尾根までザイルも使って這い上がったという思い出がある。
今回も廃林道着地後に滝を見に行こうとしたが、時間がかかりそうなので帰ることにした。
そんなこんなで充実した半日を過ごすことができた。
今日出会ったみなさん、ありがとうございました!

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ