生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

四国山地 剣山(つるぎさん) (2016.9.17) 

20160917-48.jpg
四国山地 剣山にて

【動画編】


縦走するはずが、まさかの天候不良で・・

本記事をアップする直前に金剛山捺印所の方から遭難の連絡が入り、
ここしばらく最優先で捜索や情報収集とその共有に取り組んで来ました。
もう探せるところは無い(探せないところも多い)という大峰の深さにあらためて気付かされた10日間でした。
残念ながら遭難者は現時点でも発見には至っておりませんが、一日でも早く家族の元へ無事に帰ることを信じて。
前後する形となりましたが、保留していた山行記録をアップします。


三連休だったのでそろそろ本気の遠征へ行く気合いが入っていたというのに台風の影響による天候不良。
もうその気になっていたので、どこでもいいから晴れそうな地域はないかと雨雲の流れをずっと見守っていると、
和歌山の白浜か四国南部くらいしか晴れるところが無さそうだという。
ええ~、また四国かよぉ~、ってスイマセン。(^^ゞ  
四国であれば百名山の石鎚山が未踏であったが、
宗教的な修行の山みたいなところよりも、熊笹茂る四国らしい山のほうが良いなぁと思いつつも、
剣山は以前に登ったし、三嶺は昨年登ったのであのあたりの山域はまだ記憶に新しい。
できれば他の山域に行きたいところであるが四国南部しか行き場のない天候だ。
そんなことなら、剣山と三嶺をつなぐ稜線が未踏なので、
剣山を起点に時間の許す限り三嶺のほうへ縦走してみようと思った。
この時はまだ、まさか剣山だけで終わることになるとは思いもしなかった。。

昨年10月の三嶺行きと同じ要領で、神戸は京橋(三ノ宮)のフェリーターミナルから
0時45分発のフェリーに乗る。(片道5,790円 キャンペーン割となっていた)
昨年と違ったのは、発券場所まで空中の歩行者用通路が作られていた。
いつもながら思うのは、乗船も下船も非常にテキパキと動かないといけないので慣れてないと焦る。
前もってのアナウンス放送も特には無いので、仮眠でもしていると突然窓を叩かれて起こされ、
前に止まってた待ち行列の車がすでに発進してしまっていて慌てておっかけるというパターン。
そんなこともあろうかと、今回は近くから発せられる電波を捕捉できるデバイスを持ってきたら、
案の定、埠頭の交通整理の電波をキャッチ。
意外にも業務用無線ではなく、レジャー用特小機でさかんにやりとりされていた。
これにより、車を移動させる順番が近づいてくるタイミングを知ることができ、焦らずらず乗船できた。
いつもながら思うのは、埠頭到着時はフェリーがまだ到着していなくて、
いつの間にか気づいたら着岸していて、乗船がはじまると真っ暗闇の中、さっさと車を誘導される。
到着してからも慌ただしく、着岸するやいなや急いで出て行け~とばかりにテキパキと下船させられる。(^^ゞ
これ、運転下手くそだとイラつかれたり、ぶつたりするほどの慌ただしさではないか?
夜間、船に揺られて移動した感がぜんぜん無くて、本当に船は動いていたのか?
明石大橋の下をくぐったのか?夜風を感じながら遠くの街の夜景を眺めることができたのか?
ということさえも気づかないまま目覚めたら着岸中。
ましてやフェリーはどんな形の船で、外観がどんなふうになってて、
船体はどんな色だったのかさえ知らされないまま気づいたら高松に降り立っていたという陸続きな感じ。
デッキや客室にはちょろっと顔を出すものの、いつもながら横になるスペースが確保できないほど
われ先にと場所取りされた後の祭りなので、結局いつもながらトイレだけ借りたら車まで戻って車中泊だ。
デッキで出港を眺めていると、山の格好をしていたせいか大阪の某山岳会の人に声をかけらる。
アルプスの予定だったそうだが、あいにくの天候で小豆島に変更してクライミングに行くという。
みなさん考えることは同じだ。
後で調べてみるとものすごくレベルの高いグループの人たちだった。
同じ会の別の仲間が車で剣山に向かっているとかで、女性3人組を見かけたら声をかけてみてとのこと。
大阪20時集合で車で向かったということなのでぜったい先着してそうで逢えるとは思えなかった。
そしてもしかして、このまま夜通しこの人たちと延々のおしゃべりが続くのかぁって思っていたら
話しの最中に「もう寝なあかん」と、いきなりお開きとなって客室へ戻っていかれた。(^^ゞ
自分も車に戻って横になるやいなや眠ってしまった。
高松に朝5時に着くと、これも昨年のパターンにならって市内の「手打ちうどん さか枝」へ。
店には5時20分に着いたがすでに開店していて、かけうどん(小)と稲荷の軽い朝食とした。
高松からの縦断がこれまた満足にまっすぐ通じる道路が無いので三時間ちょいはかかる。
車のほうが早くて楽なんちゃうか~。船旅感ぜんぜん無いぞ~とブツブツつぶやきながら。
また前置きが長くなってしまった。(^^ゞ

百名山で登山リフトまであるというのに駐車料金が無料なのは良心的だ。
必ずしもリフトに乗ってくれるとは限らないのに、駐車料金500円、リフト片道500円にしてはどうか?
縦走の予定だったので、登りはリフトに乗って時短を図ろうと思っていたが、
片道なんと千円以上もするので迷った挙句、歩いて登ることにした。
リフト山上の西島駅は歩いてもわりとすぐに到着したような記憶があった。
実際、記憶どおりすぐに到着した。
西島駅の奥のベンチからまずまずの展望を眺める。
スタートしたときは青空で日差しもあったが、山頂方向の雲行きがあやしい。
休憩もそこそこに山頂を目指して歩いているとポツリポツリと雨が降り出した。
剣山頂上ヒュッテに到着も小雨は続いている。
しばらくヒュッテに滞留して天候回復を待つも時間が惜しいので山頂へと移動開始。
木道に出ると雨風強く、展望も無しで雨に打たれながらもまたまた待機。
綺麗なトイレが新設されていたので立ち寄ってみると、
トイレ内の避難ゾーンも、男女別トイレルームの中もやたらと綺麗で広く、
蛇口は自動水栓になっていたりと、街のへたな駅よりも大きくて立派なトイレだった。
少し雨が霧雨状になって穏やかになったので山頂へと移動開始。
山頂で大きなザックを背負ったまさかの女性三人組を発見したので声をかけてみた。
「なんでわかったんですか?」って聞かれたのでフェリーでの成り行きを説明した。
やはり某山岳会の方で、三嶺のほうへテント泊縦走されるとか。
立ち話の後、こちらが進出するかどうか迷っているうちに先に出発されたので見送った。、
岡山から来られたという綺麗な女性ハイカーと立ち話をしていたら天気が回復してきたので進出することに。
山頂周辺でずいぶんと滞留したのでロスタイムが大きかったが、少しでも未踏をつぶそうと先へ進む。
途中で自分よりはぜったい若そうな男女が追いついてこられ、最初から思いっきりタメ口で、
男性「おお~、なぁ、どこまで行くん?」
へ?コレ誰やっけ?(・・?
この人物とは旧知の仲か、あるいは友だちかナニかだったかな??(^^ゞ
キバラー「時間の許す限り三嶺に向かって縦走しようと思ってましたが、なんだかまだ天候が怪しそうですね・・」
男性「13時から晴れるで」
キバラー「えらい詳しいですね。」
男性「ほとんどの天気予報サイトは晴れとなっとるけど、ひとつだけ信頼してるサイトは今は雨になっとったわ。」
男性「オレ、地元民で高松やからよぉ来るねんよここ」
男性「ツルギの登山口に自転車置いといて、三嶺から登って周回すんねん。
ほたら、ツルギ登山口に下りて自転車乗ったら、三嶺登山口までずっと下りやからな日帰りで周回できるで。
避難小屋も途中に3つもあるし・・・
三嶺に下りるんやったらバスも出てるわ。え?大阪からかぁ、ええなぁ大阪羨ましいわぁ・・」
というようなことを言ってたと思う。(^^ゞ
結局、その男女は先に行ってしまったがどこまで行かれたかはそれっきりなので不明。
ってな感じの一期一会の出合いが遠征に来るといろいろあるので楽しい。(^^ゞ
さて、次郎笈へは登らずに縦走路に進入し、気持ちのよいトラバースを歩きながら、
どこかフラットなところに出たらお昼にしようと思ったがなかなか無さそう。
そうこうしていると、次郎笈から三嶺側の縦走路への合流点であの女性三人組と再会。
ザックをデポして水場ついでに次郎笈ピークまで行ってきたとのこと。
テント泊ならではのゆとり時間いいななぁ。
ここから先へは三人組と進む方向が同じなので同行することになるはずであったが、
またまたの雨模様となったので、展望もない稜線を進出するのを諦め、次郎笈経由で引き返すことにした。
女性三人組とはここで泣き別れとなった。お気をつけてとお互いに挨拶を交わした。
結局南極、13時に晴れると言ったのに晴れなかったけど、あのタメ口二人はいずこへ?
次郎笈では記念写真だけ撮ったらあとは一目散に帰還モードへ。
久しぶりに履いたアルプス用の登山靴は買って5年以上なるせいかソールのゴムが硬化していて
濡れた岩ではことごとく滑る。
気をつけてはいたが、登山道の中央を歩いていて滑ったのに、上半身の重さの勢いもあって、
あっという間に熊笹の斜面に倒れ込んだ、頭でっかちの重さの勢いで2mほどプチ滑落してしまった。
こんな何でもないことでみなさん滑落されるんだろうなと思うと同時に、
危険箇所であればなおさら慎重に足を運ばないといけないと再認識した次第だ。
幸い熊笹がクッションとなって怪我もなければカメラ等の機器の破損なども無かった。
帰りは剣山山頂は経由せず、大剣神社を通るルートから。
大剣神社に到着したときにはまた一時天候は回復したが、下山後からはまた雨模様となった。
下山こそはリフトを楽しもうと思ったが、今日はあまり歩けないまま悪天候に阻まれたので歩いて下りた。
最後は脱兎の如しの短いまとめ方となったが、
そんなこんなで完全不完全燃焼なまま剣山を後にして帰国の途へ。

その他の写真は以下より。
Check [ 2016/09/29 20:41 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

18日(日)大峰山系山上ヶ岳周辺での目撃情報を求む 

18日(日)入山
大峰山系山上ヶ岳周辺での目撃情報を求む

山上ヶ岳、稲村ヶ岳周辺にこだわらず、
大峰奥駈道、南奥駈道、熊野古道のすべての登山道において
目撃情報があればお願いいたします

<9/28情報追記>

藤井寺 46歳男性
身長165cm
黒縁メガネ
トレッキングポール
montbellの水色のタオルを首に巻いている
赤いグレゴリーのザック
上衣アウターはグリーン 下は黒のレインウェア
雨が上がってレインウェアを脱いでいれば、
上衣は白か派手めの黄色の半袖Tシャツで中に濃いグレーのロングTシャツを重ね着。
下はブルーの半ズボンに、中に黒のタイツを履いています。
登山靴は、濃いグレーで紐が黄色、帽子は、紺か紫のキャップです。
20160921-2.jpg

所持しているdocomo携帯に電波が通じるも居所判明せず。→現在は電池消耗?により通じない
Check [ 2016/09/20 20:55 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(28)

スーパーフィート社 『SUPERfeet (GREEN)』 

20160912-1.jpg
スーパーフィート社 「SUPERfeet (GREEN)」

SUPERfeetの足跡(公式サイト動画)


縁の下の力持ち

登山靴の中に敷いてあるインソール(中敷き)を取り外すことができるのを知らない人がいるかもしれない。
標準で装着されているインソールは最初からペラペラのペラモンで、
まるでダンボールを切り抜いて敷いてあるかのようにチープに思うのは
もしかして僕が買う靴に限っての話かな?!(^^ゞ
登山靴に最初から入っているインソールを取り出してスーパーフィートに取り替えると、
たちまち足がホールドされて余計な遊びや空間がなくなり、サクサク歩けてしまうような気持ちになる。
よし歩きまくるぞという高揚感はフィット感によってもたらされるものではないだろうか。
スタビリティが向上するのを体感できるのも履いた瞬間の束の間だけで、
すぐに慣れてしまって存在感に気づかなくなってしまう。
それゆえに、効果があるのか無いのかどうなのか、人に強く勧められるのかどうかが微妙で
それくらいカラダの一部のようにフィットして溶け込んでしまう存在なのかもしれない。

山を長時間歩いていて、足の裏の土踏まずあたりが痛くなったという経験は誰しもあるのではないだろうか。
そんなことが大昔にあったようなのを今、思い出した。
というのも、もう何年もの間スーパーフィートを愛用しているので、足の裏が痛む事など忘れてしまっていた。
ところでこれって消耗品なのだろうけど、今まで使ってきたのがまだ使えないわけでもない。
多少摩擦で表面がすり減った部分が見受けられたが、クッション性のない構造なのでヘタる部分がほとんど無い。
しかしながら、靴を新調したのを期に、数年ぶりに買い換えてみたところ、裏面がやや改良されていた。
靴をとっかえひっかえ変えてもスーパーフィートだけは使い回ししていたので、
裏面にある爪状になった部分が折れ曲がったりしてやや老朽化が気になっていたから。
実のところ5千円もするので購入を決断するのに勢いが必要だが、
買ってしまったら手放せないのに存在感が無いし、
高いのに見せびらかせないというジレンマというなんとも微妙なアイテムなのである。

足の裏は汗をかくので、家に帰ったら靴を磨く時に取り出して水洗いして陰干ししている。

ちなみに製品の色の違いはカップの深さだったり男女別だったりで異なる。
外反母趾が治るとかややこしい理論的な話は、メーカー公式サイトにて。

20160912-6.jpg

つづきは以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中